» 2007年02月14日 00時00分 UPDATE
エキスパートに聞け!

失敗しないBI導入術〜入門から実践まで〜【前編】

BIの今を知れ! それが成功の礎となる

BI(ビジネスインテリジェンス)は、レポーティングや多次元分析(OLAP)ツールという領域から脱皮し、企業競争力強化のためのパフォーマンスマネジメントへ、そして、BIで活用対象となるデータ基盤の提供に至るまで、その適用範囲を拡大している。

[TechTarget]

Unemiface.jpg

日本ビジネスオブジェクツ株式会社

マーケティング部マネージャ

畝見 真氏

【専門分野:BI、EPM、EIM、BSC】

SEとして各種業務アプリ構築に携わり、1994年から外資系BIベンダーにて、プリセールスとして導入支援、マーケティングとしてBI/パフォーマンスマネジメント普及に従事。現在は、日本ビジネスオブジェクツ株式会社にて、マーケティングマネージャとして包括的なBIソリューションの拡販および普及に従事。


「BIといえばレポーティングや多次元分析(OLAP)ツール」だった時代は遠く過ぎ去り、今や経営を「見える化」し、企業戦略を現場のアクションに結びつけ、企業競争力を強化するための手段として進化してきている。BIは、部分最適な活用から標準化された全体最適な活用へと移行し、また、BIを擁した全社的な情報活用や業績管理はCIO最大の関心ごとの1つに必ずランクインするほど、企業にとってその重要性が増してきている。一方、全社的な情報活用のニーズが高まれば高まるほど、活用対象であるデータそのものの品質や信頼性が課題として浮かび上がってくる。

 企業内に散在するデータ内の欠陥を発見・訂正・集約し、整合性のとれた状態でデータウェアハウスやデータマートに統合する。さらに、データ統合から情報活用に至るまでの包括的なBIソリューションによる信頼性の確保が、日本版SOX法、内部統制対応という観点からも必須要件になってきている。

BIツールの登場と変遷

 1990年代にBI(ビジネスインテリジェンス)ツールが登場して、はや十数年が経過しようとしている。登場以前は、企業内で一部のアナリスト(分析者)がデータを分析し、その結果をユーザーに提供、またはIT担当者がユーザーからの要求に応じて必要なデータの抽出からリポート作成、そして提供までを請け負っていた。

 しかし、このスタイルでは、ユーザーは必要な情報を入手するために数日から数週間待たされることになる。これでは、情報を受け取ったときには、状況が変化してしまっていた、ということになりかねない。一方、IT担当者は、ユーザーからその度ごとの要求に答えるために多大な工数をかけていた。実際、対応が追いつかず、多くのバックログを抱えているケースが少なくない。バックログ=経営ロスとも言えるだろう。

 こうした課題を解決し、企業内の各種業務アプリケーション内に大量に蓄えられたデータを情報に変え、ユーザー自身の手で必要なときに必要な情報を入手し活用するために、BIツールが登場してきた。

 私がBI業界に足を踏み入れた1994年当時、BIツールとしては、デスクトップ版のレポーティングツールが主流で、OLAP(多次元分析)の概念を顧客に説明するのに苦慮していた時期であった。また、リポート作成や多次元分析、非定型データ検索ツールを使っていたのはパワーユーザーと呼ばれる層が中心であり、一般ユーザーは彼らの作成したリポートや分析結果を定型的に見るにすぎなかった。

 さらに、多くの企業では、部門ごとやプロジェクトごとに課題を解決する手段として、異なるBIベンダーから異なるBIツールを導入し、活用してきた。そのため、情報の共有も困難で、複数の異なるBIシステムを運用管理するためのコスト増などに頭を悩ませていた。

 2000年に入り、長引く景気低迷や企業を取り巻く環境の急激な変動の中で競合優位性を高めるためには、こうした部分最適のアプローチではなく、全体最適のアプローチが必須になってきている。つまり、全社で一貫した情報活用や全社業績管理・経営管理に役立つ手段としてBIを活用していくというものだ。

 BIベンダー各社も全社的な活用を支援するために、企業の主要業績評価指標(KPI)をモニタリングするためのスコアカード機能や業務状況を1画面に集約し、ビジュアルに可視化可能なダッシュボード機能などを搭載した。さらに、これまで別個に提供してきたツール(機能)を単一の基盤上に統合し、全社における容易な情報共有や運用管理コストの削減に貢献できる統合BIスイート製品を提供してきている。

photo 《クリックで拡大》 異なるBIツールを導入するのではなく、単一・統合BIツールでコストを削減する方向へ変動してきている

統合BIプラットフォームとBI標準化

 前述した通り、多くの企業では、部門ごとやプロジェクトごとに課題を解決する手段として、異なるBIベンダーから異なるBIツールを導入し、活用している。この結果、企業内には平均6種類以上のBIベンダー製品が混在しているともいわれ、困難な情報共有や高い運用管理コストに頭を悩ませている。

 この原因は大きく分けて2つある。1つは、情報活用に関わる全社的な組織体の不在にあり、もう1つは、機能別に分断されたBIツールにあった。後者に関しては、統合BI製品の登場によって解決される方向にあると考えていいだろう。問題なのは、前者だ。一部の大手企業を除き、ほとんどの企業では、「情報活用」の領域を統括する組織体など存在しない。この組織体はBICC(BIコンピテンシセンター)と呼ばれ、BIを標準化し、全社的な情報活用における効果を最大化するには欠かせないものだ。

photo 《クリックで拡大》 いろいろなBIツールが混在していて情報共有が難しいだけでなく、それを統括する組織(BICC)が存在しない企業が多い

 BICCは主に以下のような役割を担う。

  • 導入するBIツールの基準を明確化
  • 要件の取りまとめと適切なアドバイス
  • BIベンダーとの関係強化
  • BIシステム導入・開発に関わるリソースの最適化
  • BIベストプラクティスの共有、など

 もちろん、BICCという組織を新たに設けるのではなく、全社を統括するIT部門が兼務する形態でも構わないだろう。ただ、IT担当者だけで構成されるべきではなく、ビジネス部門からの参画が強く推奨される。

 こうした組織体によってBIが標準化されることによって、以下のようなメリットが得られる。

  • コスト削減(ツール選定/評価コスト、購入コスト、開発コスト、運用管理コスト、など)
  • 一貫性のある全社情報共有/活用による企業競争力強化
  • コンプライアンスへの対応(セキュリティ統合、情報アクセスログ統合、IT統制の一環としてのBI統制、など)

 しかし、単純に考えても混在するツールの種類数が多くなればなるほど、標準化する際の痛みは大きくなってしまうため、早めの手当てが望まれる。これからBI導入を検討する企業では、こうした組織体による標準化を念頭においたアプローチが推奨される。

※“BI標準化=企業内でBIツールを1つに限定する”ということではない。部分最適の結果として気が付いてみると、よく似た機能を持った製品が各所に点在している状態が好ましくないのであって、BIツールの基準を明確化することによって、実際には目的別に機能の重複しない複数のツールが企業にとっての推奨製品となる場合もあるだろう。

photo 《クリックで拡大》 企業全体のBIを標準化するためには統制する組織が不可欠だ

 このように、BICCやBI標準化の必要性が出てきたのは、全社的な情報活用のニーズが高まりをみせていることにほかならない。情報が可視化され、経営が「見える化」されるとともに、可視化対象であるデータそのものの品質や信頼性が新たな課題として浮かび上がってくる。

あなたが日々見ているその情報は信頼できるものですか?

 BIでデータが可視化されることによって、表示される値の誤りに気付くケースが増えている(中には誤りに気付かずに使用されているケースもあるだろう)。原因としては、データの欠陥や整合性の不備などが考えられる。BIで効果的な情報活用や業績管理を実践するためには、統合されたデータ基盤が必須となる。そして、こうした統合データ基盤に求められる要件として、以下のような3つの命題がある。

データの一元性、一貫性の確保

 企業内に散在するデータソース内から必要なデータを抽出・変換加工し、データウェアハウスやデータマートを構築することによって、一元性・一貫性を確保する。

データ品質の向上

 「ゴミを入れたらゴミしか出てこない」。データソースの内容を事前に評価分析し、欠陥データの発見やデータの有効性を認識し、データをクレンジングする。

データの信頼性の確保

 データソースから最終的にユーザーに提供される情報に至るまでの統合的なメタデータ管理によって、元データの変更がデータウェアハウスのどこに、どのリポートに影響するのかを一目瞭然で確認できる。

photo 《クリックで拡大》 信頼ある統合データ基盤には、3つの命題をクリアする包括的なアプローチが必要

 以上のような命題をクリアし、信頼ある統合されたデータ基盤の構築が必要となるのだが、多くの企業(弊社のアンケート調査ではデータ統合を実施している企業の約6割)では自社の独自開発による仕組みが用いられていることが分かっている。独自の仕組みでは、多大な開発期間や工数を必要とし、新たな要求に対する迅速な対応が取れないだけでなく、専門の技術者への依存度が高く、担当者が退職してしまうと誰もメンテナンスできなくなってしまう危険性もはらんでいる。そこで、汎用的なツールの活用が望まれる。

 データ統合、データ評価、データクレンジングに高性能かつ汎用的なツールを活用することによって開発生産性が向上し、コストが削減され、メンテナンスの容易性が増す。さらに、データ統合から情報活用に至る包括的なソリューションを採用することによって、IT管理者は元データの変更がDWHのどのテーブルのどの項目に影響を与え、どのリポートのどの値に影響を及ぼすのかを一目瞭然で把握できるようになり、情報の信頼性を容易に確保できる。これは、昨今話題の日本版SOX法や内部統制対応における「信頼ある情報の開示義務」を、ITという側面から支援できる最適な手段の1つでもある。

photo 《クリックで拡大》 メタデータの関連性を把握できることは内部統制対策にも役立つ

 以上のように、前編ではBIの登場から統合化・スイート化への進化、そしてサイロ的な活用ではなく、BICCといった組織体を通してBIを標準化することの重要性、さらには、活用対象であるデータ基盤の信頼性確保が肝であることを紹介した。後編では、BIの導入・実践段階における勘所を、開発手法や適材適所のアプローチ、啓蒙と教育などいくつかのポイントに絞って探ってみる。

新着ホワイトペーパー

ITベンダーによる技術資料や製品資料などを中心としたホワイトペーパーです。

TechTargetニュース

いいじゃんネット、モバイルソリューション「CACHATTO」とグループスケジューラ「HI賢者Web」を連携2010/02/12)

「プライベートクラウド構築を迅速に」 EMC、シスコ、ヴイエムの3社が仮想化基盤パッケージを発売2010/02/12)

エン・ジャパン、人事部門の定型業務をクラウド型とアウトソースで提供する新システム「FINE」2010/02/12)

日立電サとサイトロック、ITIL準拠の運用管理システムをSaaS型で提供2010/02/12)

トレンドマイクロ、ウイルス検査機能を内蔵したUSB型対策ツール「Trend Micro Portable Security」2010/02/10)

大塚商会ら3社が業務継続製品で協業、バックアップサーバパックを発売2010/02/10)

富士通SSL、「RSS企業内活用サービス」にサーバ使用料を含めた新メニューを追加2010/02/10)

シマンテックが日本語対応したDLPの新製品、他社製ERMとの連携も可能に2010/02/10)

サイボウズ、グループウェアとスマートフォンを同期する「サイボウズモバイル KUNAI」2010/02/09)

日本CA、導入/運用が容易なソフトウェアベースのログ管理「CA Enterprise Log Manager」の新製品2010/02/09)

シマンテック、2010年は市場/製品特性に合わせたサポート体制を強化2010/02/09)

CTCSP、サーバ仮想化・リアルタイム複製に対応したレプリケーションソフトウェアの最新版2010/02/08)

H3C、10Gポートのエンタープライズ向けL2/L3スイッチ発売2010/02/08)

サイボウズ総研とアプレッソ、ガルーン 2とGoogleカレンダー/SharePointがスケジュール連携できる製品を開発2010/02/08)

日本のIT投資、本格回復は2013年から――ガートナー予測2010/02/05)

ビーエスピー、統合運用管理ツールにユーザー操作の追跡機能を追加2010/02/05)

HDE、従来性能比2倍のSMB向けメールセキュリティアプライアンス2010/02/05)

NECとネティーザ、大量データ分析が可能なDWHアプライアンス製品を共同開発2010/02/05)

住商情報システム、クラウド基盤でERP「ProActive E2」を稼働させる新ソリューション2010/02/05)

NEC、中小企業向けにサーバ仮想化製品をオールインワンパッケージで販売2010/02/04)

アシスト、機能同等でコスト5分の1のデータベース基盤ソリューションを発売2010/02/04)

F5、SSL VPN/WAN高速化を兼ね備えた新機軸のリモートアクセス製品2010/02/04)

東芝ソリューション、現場の見える化システムを新日本空調に納入2010/02/04)

環境対応をうたう日本企業はもっと積極的な情報開示を――SAPジャパン2010/02/04)

日本クアンタム、ファイル管理とアーカイブ機能を拡張したデータ管理ソフトの新版2010/02/03)

富士通、製造業向け情報管理システム「PLEMIA M3」に構想設計支援を追加2010/02/03)

富士通とシスコ、日揮の大規模ユニファイドコミュニケーション環境を構築2010/02/03)

シマンテック、重複排除機能を低コストで提供するバックアップ2製品2010/02/03)

モーフ・ラブズ、短時間でプライベートクラウド環境を構築できるアプライアンスを発売2010/02/03)

大塚商会、JTBグループらと連携し出張手続きを一元管理できる新ソリューションを提供2010/02/02)

CTCSPとノベル、OS混在環境でサーバ仮想化を支援する新サービス2010/02/02)

IIJ、クラウド端末として利用できる3G/3.5G対応の業務用PDA2010/01/29)

ジャストシステム、WebサイトのFAQ作成支援システムを低価格ASPで提供する新サービス2010/01/29)

日立、SOA基盤製品の機能強化で仮想サーバの構築時間を10分の1に2010/01/29)

中堅・中小企業IT市場は3年連続マイナス成長――IDC予測2010/01/28)

NEC、インテル最新CPU搭載のIAサーバ「Express5800シリーズ」新製品2010/01/28)

既存のRIAでは物足りない? トゥービーソフトが国内事業展開を強化2010/01/28)

2010年はMITB攻撃が金銭詐取のスタンダードに――RSAが示すオンライン犯罪の最新動向2010/01/27)

ソフトブレーン、経営判断に必要な21帳票を追加した営業分析ツール新バージョン2010/01/27)

日立情報、ビジネスクラウドサービス「BusinessStage」を本格展開2010/01/26)

日本アバイア、ノーテル企業向け事業買収後の方針を明らかに2010/01/26)

Ji2と日本HP、日本企業向けe-Discoveryソリューションで協業2010/01/26)

トレンドマイクロ、仮想化セキュリティに対応するサーバ向け製品を発表2010/01/25)

ユニアデックスとユニシス、学校Webサイト制作のテンプレートをSaaS型で無料提供する新サービス2010/01/25)

NEC、クラウド基盤の早期立ち上げを支援する統合パッケージ2010/01/25)

キヤノンITソリューションズ、ネットワーク負荷を軽減できるWebフィルタリングソフトの最新版2010/01/22)

聖路加国際病院、電子カルテ情報の蓄積・抽出にDWH用DB「Sybase IQ」を採用2010/01/22)

ソニックウォール、無線LAN対応モデル含む小規模企業向けUTMを発表2010/01/22)

シックス・アパート、大規模サイトにも対応する企業向けCMS「Movable Type Advanced」2010/01/22)

ネットアップ、重複排除対応の仮想デスクトップ向けストレージ管理ソフトを無償提供2010/01/21)

CSKシステムズ、Wi-Fiを用いた製造現場の安全管理システム2010/01/21)

NTT Com、月額固定料で利用できる多地点テレビ会議サービスを提供開始2010/01/21)

フォーティネット、ファイアウォール性能40GbpsのミッドレンジUTMを発売2010/01/21)

PCI DSSを短期間・低コストで準拠可能に――RSAセキュリティが新サービス2010/01/20)

丸紅情報システムズ、VMwareベースの仮想化インフラ構築パッケージを販売開始2010/01/20)

東洋ビジネスエンジニアリングら3社、IFRS対応に向けた製造業向け統合基幹システムで協業2010/01/19)

キヤノンITソリューションズ、ユーザーの声から生まれたメール誤送信対策システム2010/01/19)

マカフィー、Windows 7対応のSaaS型統合セキュリティサービス「Total Protection」の最新版2010/01/18)

ソフトブレーン、仮想デスクトップ技術を使ったシンクライアントサービスを開始2010/01/15)

NECネクサ、WiMAXなど高速ワイヤレス回線が利用可能なマネージドVPNを提供2010/01/14)

富士通とサン、「SPARC Enterprise M3000」の性能を23%向上した新モデル2010/01/14)

CSKシステムズ、生産に応じた部材の調達状況をRFIDで管理できる新システム2010/01/14)

日立ソフト、専用USBメモリで社外PCをオフィス環境に変えるセキュリティソフト2010/01/13)

マクニカネットワークス、WAN高速化製品にも対応した統合リポーティングツールの最新版2010/01/13)

NECグループ、クラウド移行時のITシステム運用をサポートするサービスを開始2010/01/13)

日本オラクルがIFRSで協業、複数会計基準の仕訳が容易に2010/01/12)

RSAセキュリティ、企業が注視すべき2010年のセキュリティ問題は「情報漏えいと暗黒クラウド」2010/01/12)

2009年国内ストレージサービス市場、景気厳しい中でも前年比5.7%増――IDC予測2010/01/08)

三井情報とNECがUC分野で協業、検証ラボや技術者育成にも注力2010/01/08)

コアとソフトクリエイト、IT資産管理とネットワーク検疫製品の連携で協業2010/01/07)

CTC、トランスプロモ対応の帳票システムをクラウドで提供2010/01/07)

ワンライフ、デザイナー集団が開発した中小企業向けCMS 月額1万5750円から提供2010/01/07)

富士電機RSがAccela BizSearch を採用、Notes上のナレッジをピンポイントで検索2010/01/07)

富士通グループ、非接触手のひら認証装置に1万円台の低価格品などを追加2010/01/06)

インフォテリア、既存コンテンツを取り込めるiPhoneコンテンツ作成・配信サービス2010/01/06)

富士通、クラウド基盤を活用したオフィスのICT環境支援サービス2010/01/06)

トレンドマイクロとNEC、未知ウイルス感染PCを接続前に隔離する検疫システムを共同開発2009/12/24)

ブルーコートが新戦略、WAN高速化製品の仮想化やクラウド提供も2009/12/17)

コネクトワン、IEとFlashだけで動作するシンクライアントソリューションをリリース2009/12/04)

日本ワムネット、メール誤送信防止機能を追加したセキュアファイル送受信ツール2009/12/03)

中堅企業に最適なSSO――ネットスプリングがアプライアンス形態のSSO製品2009/11/26)

大庄が指静脈認証連携POSシステムを導入、セキュリティ向上と勤怠管理効率化狙う2009/11/19)

東京エレクトロンデバイス、不正DBアクセス防止やリスク洗い出しが可能なImperva新製品を発表2009/11/18)

「100人未満」に課題 中小企業のセキュリティ対策事情2009/11/13)

ライフコーポレーションが「OpenCentral」を基盤とした新基幹システム構築を完了2009/11/04)

さくらインターネット、「安価かつ世界品質」のITマネジメントサービス提供へ2009/10/30)

CTCSP、データ保護システムの構築リスクゼロを目指すワンストップサービスを提供開始2009/10/22)

シスコが拠点向けルータの新機種、ルータの「統合サーバ化」進める2009/10/22)

業務パッケージの新シリーズ「弥生 10」が発表 HDDからデータ復旧する保守サービスも2009/10/21)

ウイングアーク、帳票データ長期保存のための専用アーカイブ製品2009/10/21)

富士通、診療所向け医事会計システムの廉価版を提供2009/10/09)

NetIQ、UNIXアプリへのリモートアクセスをサポートするPC Xサーバ製品を発表2009/10/07)

外来患者の待ち時間への不安を解消するための実証実験―富士通研究所2009/10/06)

NRIセキュア、各種メッセージログを電子メールとして一元管理できる新製品2009/10/02)

「いつ、どこでも会議を」――シスコがビデオ会議の利便性高めるソリューション2009/09/11)

日立のSMB向け運用管理ソフト新シリーズ「JP1 Ready Series」、第1弾製品はPC運用管理ツール2009/09/10)

富士通BSC、メールやUSBメモリで機密データを持ち出せるソリューション2009/09/08)

エフセキュア、パフォーマンスを大幅に改善した統合セキュリティソフト2009/09/04)

トレンドマイクロがウイルスバスター2010を発表 今回は「Macも安心」2009/09/03)

ネットワンとブロケードが戦略提携、クラウド市場へLAN/SAN両面で製品展開2009/09/02)

最小限のダウンタイムでマイグレーションを実現する新ソリューション、CTCSP2009/08/28)

国内の電子カルテ市場、2013年には1300億円規模に シードが予測2009/08/20)

NRIセキュア、PCI DSS準拠の脆弱性スキャンサービスを提供開始2009/08/13)

シマンテックが「セキュリティ+システム復旧」の統合製品、対象は100ユーザー以下の中小企業2009/08/05)

サムライズ、初心者にも優しいBIツールを提供開始2009/08/04)

クレカ業者と一般企業のWebサイトにセキュリティレベルの差なし? NRIセキュア調査2009/07/31)

トレンドマイクロが「ウイルスバスターCorp.」新版、クラウド併用のハイブリッド型に2009/07/28)

ボーランド、ソフトウェア開発の成熟度レベルが分かる診断サービス2009/07/27)

NetIQ、学習機能を備えたシステム監視ソフトウェアの最新版をリリース2009/07/24)

接続前・接続後で“フルタイム検疫”――ジェイズ・コムがTrustwaveのNAC新製品2009/07/16)

テクマトリックス、ソースコード解析/保守支援ツールの日本語版を発表2009/07/03)

SMBのIT投資は5.4%のマイナス成長 医療は堅調な伸び2009/06/25)

IDCフロンティア、NECやMSと共同開発したクラウド型システム開発基盤2009/06/24)

CSK Win テクノロジ、Outlook環境の誤送信を防止する専用ツールを発売2009/06/19)

北弘電社、VMware Infrastructure 3で12台の物理サーバを2台に統合2009/06/19)

ディアイティが無線LANのセキュリティ診断サービス、見えにくい脆弱性を可視化2009/06/19)

日本HPら3社、メインフレームからの移行ソリューションで協業2009/06/10)

パナソニック電工IS、EAIツール「ASTERIA」用にGoogle Apps連携アダプターを開発2009/06/10)

IBM、x86サーバおよびブレードサーバ向けNAND型SSDを発表2009/06/04)

ブロケード、旧ファウンドリー製LANスイッチ3製品を発表2009/06/03)

“シャーシ型より7割お得”な高密度10Gスイッチ「Apresia」、基幹向けに発売2009/06/02)

NRIセキュア、アクセス制御・監視ツールにHTTPS監査機能を追加2009/06/01)

トレンドマイクロ、「仮想パッチ」でゼロデイを防ぐクライアント用ファイアウォールなど2製品2009/05/29)

「WebセキュリティはSaaSで」、米セキュリティベンチャーのZscalerが日本進出2009/05/26)

日本CA、無駄のない“リーンIT”実現のためのサービスマネジメント製品群を発表2009/05/26)

リスク判定で本人確認、RSAセキュリティが携帯電話に対応する認証製品2009/05/22)

アイエニウェア、リモート/モバイル環境でのデータ利用を促進させるRDBMS最新版2009/05/15)

カスペルスキーら3社が「URLフィルター+アンチウイルス」統合ソフトを提供2009/05/14)

ボーランドCEOが語る「ソフトウェア開発にもBIの活用を」2009/05/07)

農林水産省がPC2万台の大規模研究所ネットにUTM導入、「カタログ通りの性能だ」2009/04/28)

富士通、1/5のストレージコストで情報統合システムの構築を可能にするソフトウェア2009/04/27)

TID、ファルコンストアのソフトウェアを採用した低価格バックアップソリューションを販売開始2009/04/23)

MSが「15人以下の企業」向け低価格Windows Server、5万円台のプリインストール機も2009/04/23)

ウイングアーク、PDF帳票システムのSOA化を実現するソフトウェア2009/04/21)

富士通が“どこでもイントラネット”を可能にするモバイルアクセスサービス2009/04/21)

国内ルータ市場、24.1%の大幅回復も企業向け製品は減退続く──IDC予測2009/04/17)

東京エレクトロン、仮想化環境に適したアプリ性能監視ソフトウェアを販売開始2009/04/17)

富士通・シスコがユニファイドコミュニケーションで戦略提携、「シェア40%を獲る」2009/04/17)

ワークスAPが2つのSCM製品を販売──「ノーカスタマイズ」で低コスト導入を支援2009/04/16)

コベリティ、ビルド生成時にバグを排除できる解析ツールを発表2009/04/16)

ローソンがLotus NotesからForce.comへ全面移行、次世代システム構築はクラウドで2009/04/15)

日本CA、特権ユーザーの不正使用防ぐサーバアクセス管理ツールの新版2009/04/15)

日立ソフト、日本版SOX法対応2年目以降の作業を効率化するテスト支援システム2009/04/14)

日本プログレス、Salesforce CRMとのデータ連携を容易にするSQLアクセスツール2009/04/13)

ライブドアやディー・エヌ・エー、ミクシィら18社、Perl技術の底上げを目指す新団体を発足2009/04/10)

エーピーシー・ジャパンのUPS電源管理ソフトウェアがVMware ESXiに対応2009/04/10)

国内ソフトウェア市場、2013年で2兆4264億円に──IDC予測2009/04/10)

日本HPら3社がSaaS対応統合ID管理ソリューション、Google AppsがSSO対応に2009/04/09)

ミラクル・リナックス、OSSを活用した仮想化環境移行サービスを提供開始2009/04/07)

Winnyもニコ動もブロックする――ファイアウォールの米パロアルトが日本進出2009/04/07)

ネットアップ、ストレージ管理ソフトウェアの機能強化版をリリース2009/04/06)

マジックソフト、RIA開発機能を強化した統合開発ツールの新版を発表2009/04/02)

NEC、アビーム、日本オラクルの3社がBPMソリューションを共同開発2009/03/31)

「3人に1人は未対策」――遅れるUSBウイルスへの対応2009/03/31)

日立ソフトがIAM「SRシリーズ」を強化 ID管理の監査機能に対応2009/03/30)

日本HP、無停止サーバのエントリーモデルをリリース2009/03/27)

ワイヤ・アンド・ワイヤレス、「Wi-FiとMVNOのいいとこ取り」ソリューションを発表2009/03/26)

ウイングアークがJ-SaaS上でDr.Sum EAをSaaS提供、中小企業のBI導入を支援2009/03/25)

アイエニウェア、iPhone 3Gにも対応するグループウェア連携携帯メールソフトを販売2009/03/23)

日本オラクル、エンドユーザー教育用コンテンツ開発ツールを提供2009/03/23)

「5分でできる自社診断」など中小企業向けにセキュリティ対策ガイドライン2009/03/19)

ブルーコート、支店からの“トラフィック逆流”を防ぐセキュリティ装置2009/03/19)

テクマトリックス、ソフトウェアアーキテクチャ分析ツールの新版2009/03/18)

EMCが仮想化のコンサルサービス、「サーバ仮想化だけでは真のメリットは引き出せない」2009/03/17)

大栄サービスがSalesforceを導入、Excel管理からの脱却で「営業活動そのものをシステム化」2009/03/17)

ディアイティ、VoIPも見える化するネットワークの“健康診断”ツール2009/03/13)

LogLogic、秒間6000イベントの収集が可能なWindowsログ管理ソフトの新版2009/03/12)

富士通、REACH規制に対応した製品含有化学物質管理システムを販売開始2009/03/12)

受発注者間の合意を円滑にする「発注者ビューガイドライン」2009/03/09)

セキュアブレイン、月額3万円でサイト改ざんを定期チェックするSaaS型サービス2009/03/09)

HP、VTL新製品と狭帯域レプリケーションによるBCPソリューションを発表2009/03/06)

エンバカデロ、すべての開発ツールを利用できるアクセスパスを提供2009/03/06)

PFU、漏れのないPC資産管理とセキュリティを目指したサービスを開始2009/03/05)

みずほ情報総研、ソーシャルメディアに関する社内ポリシー策定コンサルを提供2009/03/05)

ミラポイント、「証拠保全」に強いメールアーカイバの新モデル2009/03/05)

網屋、J-SOX法対応の文書化工数を削減するテンプレート集2009/03/04)

日本HP、「ユーザー要件とテスト間の矛盾を防ぐ」品質管理ソフト2009/02/27)

ソニックウォールCEOが来日 「ソフトウェアも大切」2009/02/27)

日本IBM、チーム内のコラボレーションを活性化させるRational新製品2009/02/26)

ブルーコート、独自アプリも可視化するPacketShaperの新バージョン2009/02/26)

社長交代したソフォス、「売り上げ400%成長目指す」2009/02/25)

4割の企業が「内部統制は企業価値向上に寄与しない」と回答2009/02/24)

ニチレイ、エンタープライズサーチを活用した社内文書サーチポータルを構築2009/02/24)

「フォーティネットの製品は日本車と同じ」――老舗UTMベンダーがWAF製品を投入2009/02/20)

製造業向けGLOVIA smart新製品は、「ありそうでなかった物」2009/02/20)

「検知率保証」のメッセージラボ、国内でWeb脅威対策の新サービス開始2009/02/19)

日本HP、最小構成で2万円台のCTO対応デスクトップPCをリリース2009/02/18)

IBM、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したハイエンドx86サーバをリリース2009/02/12)

バラクーダ、ディレクトリ連携が可能なSSL VPNアプライアンスを発売2009/02/10)

テクマトリックス、単体テストの自動化を支援するテストツールの新版2009/02/10)

インフォア、“次のタスクへナビゲート”してくれるUI機能を提供2009/02/09)

ファルコンストア、中小企業のBCP対策を支援するCDP/VTLアプライアンスをリリース2009/02/06)

テスト支援サービスによって“コスト削減”を実現する、日本オラクル2009/02/05)

F5ジャパン、破産保護申請したノーテルAlteonユーザーの移行支援策を実施へ2009/02/04)

IIJがゲートウェイセキュリティの新サービス、3つの機能でWebアクセスを安全に2009/02/04)

デル、SMB向けクライアントPC管理アプライアンスをリリース2009/02/04)

キヤノンソフト、業務アプリへ組み込めるワークフローコアエンジン2009/02/03)

目指したのは「使いやすいERP」──新Dynamics AXはOfficeライクなリボンを採用2009/01/30)

HPが「ブレードのノウハウをつぎ込んだ」LANスイッチ、データセンター向けに最適化2009/01/30)

大塚商会、NEC、MSの3社、仮想化が即利用可能な中小企業向けPCサーバを発表2009/01/29)

新着記事

Pick UP!ホワイトペーパー

情報系アプリケーション

統合BIプラットフォーム MicroStrategy 8

企業の情報戦略に役立つ、最適な分析、レポーティング、情報共有をサポートする統合BIプラットフォーム MicroStrategy 8。世界中で2800社以上に好まれている、その特徴をご紹介します。


情報系アプリケーション

企業の枠を越えたナレッジ・ワークの未来

企業の枠を越えたビジネスパートナーと安全に情報共有し、必要に応じて必要な時に重要なコンテンツに目を向けさせる、アテンション・マネジメントの最善の取り組みとは?


情報系アプリケーション

「運用負荷」「コスト負担」からの脱却!SaaSテキストマイニングで始める“顧客の声活用”

消費活動低迷や経営環境の先行き不透明な時代だからこそ、“消費者の声”に耳を傾ける重要性に注目が集まる。「声を見える化」させるテキストマイニングは、今や「所有」する時代から「利用」する時代へ大きな変革を遂げる!


情報系アプリケーション

そのメールアーカイブは5年分のメール保管に耐えられるだろうか?

各種法規制によるコンプライアンス・内部統制強化ニーズでメールアーカイブシステムの導入が進んでいる。しかし、そのシステムは5年分のメール保管に耐えられるだろうか?


情報系アプリケーション

メッセージング市場調査会社によるEメール管理・運用コストの実践的削減方法

1993年以来、メッセージングやコラボレーションに関する指標を提供し続ける市場調査会社、Radicadiグループによる検証レポートの翻訳版。本資料では各ユーザの職務内容、勤務環境に基づくメールの利用状況に着目することで、1年間のTCOを最大63%削減できると報告している。


情報系アプリケーション

マッシュアップポータルはエンタープライズに何をもたらすのか

マッシュアップポータルは既存のポータルに比べて、遥かに大きなポテンシャルを秘めている。このマッシュアップポータルを使って、企業内の既存ポータルを置き換えようという動きが出てきている。


情報系アプリケーション

ETLの進化形「データ統合」への移行戦略

ETLの進化形である「データ統合」への移行方法や、その成功に必要となる技術要件の概要を紹介する。


情報系アプリケーション

ポータルによる情報統合

ばらばらになった機能と情報をポータルによりひとつにまとめ、業務効率化および生産性を向上。メリットをわかりやすく説明し、ツールの紹介。


情報系アプリケーション

3万人以上が利用するグローバル企業のメール環境に採用された企業向けWebメール

社外からのメール閲覧要求、モバイル環境での利用、PC側にデータを残さないセキュリティ対策、運用負荷の軽減、価格メリットなど、様々な理由で企業向けWebメールの導入が加速し、標準メールシステムとして採用されている。


情報系アプリケーション

顧客満足度の向上に直結するFAQ管理を安価に実現

顧客からの問い合わせ対応やFAQ管理は、顧客満足度の向上に直結する。しかし、FAQシステムを導入するにはコストがかかる。FAQナレッジの運用・管理コストを抑え、かつFAQの質向上を実現するASPソリューションを紹介する。