2010年01月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Ask The Expert:PDC2009を振り返るWindows Azure、クラウド、Silverlightの現状と今後

Microsoftのクラウドコンピューティングビジョンは企業に受け入れられるだろうか――。ソフトウェアの専門家にWindows Azureの今後を聞いてみた。

[Patrick Meader,TechTarget]

 ソフトウェアのベテラン専門家アンドルー・ブラスト氏が、MicrosoftのWindows Azure(以下、Azure)とSilverlight、そしてクラウドコンピューティングの現状と将来への新たな洞察を提供する。カスタムITソリューションベンダーのtwentysix New Yorkで新技術責任者を務めるブラスト氏は、特に「Azureがどのような段階にあるか、誰に恩恵をもたらすか、どのような普及カーブを描くか」を分析している。

2009年のMicrosoft Professional Developers Conference(PDC)を振り返って、あなたにとって大きな収穫は何でしたか。

:ブラスト わたしの大きな収穫は、2008年のPDC(PDC08)で紹介されたものの最新の展開を知り、理解を深めることができたことです。例えば、MicrosoftはPDC08でAzureを初めて発表しました。また、.NET Framework 4Windows 7、Silverlightの新版、そのほかの新技術も紹介しました。PDC09は基本的に、これらの技術についてあらためて説明したものでした。参加者は、これらの開発がどのように進んだか理解できたはずです。エキサイティングな機能を備えるSilverlightの最新版についても同様です。

 実は、PDCはミッションやアイデンティティーが変わってきています。今では、将来構想を打ち出すイベントというよりも、一般の開発者向けのイベントとなっています。もともとそうした趣旨の名前ですが、実のところ、従来のPDCは一貫して未来志向でした。しかし、PDC09で取り上げられた技術のほとんどが、半年後くらいにリリースされる予定のようです。AppFabric(編注)など、Azureをサポートする技術の一部は、具体的なリリース時期が発表されていません。しかし、PDC09では主に、18カ月かそれ以上先のことではなく、近い将来のことが大きくフォーカスされていました。

編注:AppFabricとはPDC2009で発表された、オンプレミスのWindows Server 2008と、Azure上の双方で実装されるアプリケーション実行環境。複数の製品やサービスを組み合わせることで、高可用性やスケールアウト、マルチテナントなどの機能を実現する。


Windows Azureに関してですが、どのような開発者がクラウドコンピューティングの恩恵を最も受けそうですか。

:ブラスト 技術的にはすべての開発者が恩恵を受けるでしょう。もっとも、現状のAzureとMicrosoftが構想するAzureにはまだ若干のずれがあります。PDC09では、同社が目指す将来のプラットフォームの構成要素の1つとなるAppFabricが発表されました。AppFabricはWindows ServerバージョンとAzureバージョンが提供されることになっています。Windows ServerとAzureの各アプローチで可能な設計は同様の部分がたくさんありますが、かなり異なる環境をもたらします。

 Windows Azureは段階的に整備されていくと思います。当初は先進的なプロジェクトに携わる限られた開発者が、ニッチとしてのこのプラットフォームをターゲットにしようとするでしょう。Microsoftの目標は、将来的にクラウドへのスケールアップ、クラウドからのスケールダウンをシームレスに行えるようにすることです。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

マイクロアド、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供開始
マイクロアドは、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供を開始し...

news110.jpg

「Pepper」用動作設定アプリにデータ分析ツールを連係、ソフトバンク・テクノロジーグループが提供
M-SOLUTIONSとソフトバンク・テクノロジーは、「Smart at robo for Pepper」のオプション...

news105.jpg

Jストリームとゼロスタート、「サイト内検索連動型動画広告サービス」を共同開発
Jストリームは、ゼロスタートと「サイト内検索連動型動画広告サービス」の提供に向けて共...