2010年04月01日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日立ソフト、通信事業者向けCRM支援製品「BSSsymphony」にコンビニ・クレジット決済機能を追加

顧客管理、課金・請求計算、決済、キャンペーン管理などの機能を備えたBSS製品にクレジット決済、コンビニ決済に対応する新機能を追加した。

[TechTargetジャパン]

 日立ソフトは3月31日、通信事業者向けに提供する営業・経営支援パッケージ「BSSsymphony」に、コンビニ収納およびオンラインバンキング決済ができる新機能を追加したと発表した。4月1日より提供開始する。

 BSSsymphonyは、顧客管理、課金・請求計算、決済、キャンペーン管理などの機能を備えたBSS(Business Support System)製品。同社では、既存システムのリプレースを検討するISP事業者向けに全機能を提供する「BSSsymphony for ISP」と、業種を問わず簡易的な会員管理を考えている企業、および新規にクレジット決済、コンビニ決済を導入予定の事業者向けに顧客・契約管理機能、課金・請求機能、決済機能を提供する「BSSsymphony for 簡易会員管理」の2製品を用意している。

 新機能の名称は「オンライン収納用決済機能」。これにより、スマートリンクネットワークが提供する「オンライン収納代行サービス」との連携が強化され、従来提供してきたクレジットカード決済のほかに、コンビニ収納やオンラインバンキングによる決済が可能となった。

画像 新機能「オンライン収納用決済」の概要

 決済の流れは、例えばコンビニ収納をする場合、まず決済番号の取得および顧客への請求通知を行う。通知は、請求計算処理後にBSSsymphonyが請求情報をオンライン収納代行サービスへ提供し、利用者がコンビニエンスストアでの支払い時に必要となる決済番号をオンライン収納代行サービスから取得する仕組みとなっている。決済番号の取得が完了した利用者に対しては、メールで請求の通知をする。

 決済方法を選択した後、利用者はコンビニエンスストアでの支払いが可能となる。BSSsymphonyは、利用者の支払い情報をオンライン収納代行サービスより取得し、コンビニ収納情報を作成する。

 製品価格(いずれも税込み)は、BSSsymphony for ISPが3255万円から。BSSsymphony for 簡易会員管理が1470万円。また、オプション機能としてオンライン収納用決済機能も210万円で提供される。

関連ホワイトペーパー

ISP | 経営 | CRM


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

Kaizen Platform、「Kaizen Ad」で「Facebook プレイアブル広告」対応サービス提供
Kaizen Platformは、Facebookの新しい広告フォーマット「プレイアブル広告」のオフィシャ...

news018.jpg

2018年新卒の約6割が入社を後悔――レバレジーズ調べ
レバレジーズは、2018年に新卒入社した人を対象に、就職先に関する意識調査を実施しました。

news005.jpg

小さく始めるHubSpot、マーケティングの流れにそってバランス良く施策を実践しよう
HubSpotで始めるマーケティング。最初の一歩はここから始めましょう。