2008年06月02日 18時05分 公開
ニュース

NEC、ソフトウェアベンダーと連携し通信事業者向けSaaS支援ソリューションを提供NEWS

NECのネットワークサービス基盤ソフト「シナボペース」と日本オラクルのSaaS実行ソフト「Oracle SaaS Platform」を中核にした「アグリゲーション型SaaSソリューション」の販売を開始した。

[TechTargetジャパン]

 NECは6月2日、通信事業者のSaaS(Software as a Service)事業を支援する「アグリゲーション型SaaSソリューション」の販売を開始した。

 アグリゲーション型SaaSソリューションは、NECが開発したネットワークサービス基盤ソフトウェア「シナボスペース」と日本オラクルのSaaS実行ソフトウェア「Oracle SaaS Platform」を中核に、ソフトウェアベンダー(ISV)のアプリケーションと組み合わせて提供するソリューション。

 シナボスペースはデータセンター上にある音声系/映像系/IT系のアプリケーションをNGN(次世代ネットワーク)/インターネット経由でユーザーへ提供するソフトウェア。ユーザー認証、顧客管理、シングルサインオン、ユーザーポータル画面、ログ取得などの機能を持つ。Oracle SaaS Platformは「Oracle GRID」「Oracle Fusion Middleware」「Oracle GRID Control」で構成されるミドルウェア群で、1つのSaaS基盤上で複数ユーザーによるアプリケーション利用をサポートする機能を提供する。

 ユーザー企業は複数のアプリケーションをまとめて通信事業者(SaaS事業者)から購入することができ、契約・支払いが一本化される。また、シナボスペースのソフトウェアライセンスは、通信事業者が行うSaaS事業の売り上げに応じたレベニューシェア形式を採用し、投資リスクを抑えたSaaS事業の早期立ち上げを支援するとしている。

 提供アプリケーションはフロントオフィス系(CRM・SFA、グループウェア、文書管理、Web会議など)から品ぞろえを進め、順次、業種系(金融、流通など)やバックオフィス系(給料計算、財務会計など)に拡大していく予定だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...