2008年02月08日 12時45分 公開
ニュース

富士通がSaaS事業展開を発表、現状はパートナーへのプラットフォーム提供が主体NEWS

富士通のプラットフォームにパートナーのソフトウェアを載せ、中堅・中小企業をターゲットにSaaS事業を展開。今後3年間で連結ベース1300億円の販売目標を掲げた。

[TechTarget]

 富士通は2月7日、同社のSaaS事業の詳細を発表した。パートナー企業とともに中堅・中小企業を主なターゲットとして、SaaSビジネスを推進していく。現在、同社のSaaSビジネスに賛同を表明しているパートナー企業は、マイクロソフト、きっとエイエスピー、弥生、オービックビジネスコンサルタントなど全11社。

 具体的なサービス内容として、パートナー企業向けにホスティング環境とSaaSの実行基盤を提供する「SaaSプラットフォームサービス」、アプリケーション機能を提供する「SaaSアプリケーションサービス」、上記2つを用いてユーザー企業の個別要件に合わせたアウトソーシングやパートナーのサービスを一括で請け負う「SaaSビジネスアウトソーシングサービス」の3種類のサービスを体系化している。今後3年間でCAGR(年平均成長率)30%、1300億円(連結ベース)を販売目標とした。

 また、パートナー企業向けに「SaaSパートナープログラム」を提供。これには同社内に「SaaSプロデューサー」と呼ばれる技術者中心の部隊を用意し、50人体制でパートナー企業を技術/ビジネス両面で支援していく。

富士通のSaaS事業体系。データセンター事業やASP事業で培ったノウハウを活用し、データセンター、ネットワーク、プラットフォーム、アプリケーションまでワンストップで提供する《クリックで拡大》

 会見した同社経営執行役常務、石田一雄氏は、昨今の商談状況から「中堅中小企業の商談が増加している。アプリケーションに関してはSNS、EC(電子商取引)、EDI(電子データ交換)などの利用ニーズ、それらを利用する上でほかのアプリケーションと連動させたいというニーズも高まってきている」とユーザー動向を説明。「パートナー企業のインフラ環境構築をサポートすることにより、中堅・中小企業向けのビジネスモデルを創出していきたい」とした。

同社経営執行役常務、サービスプロダクトビジネスグループ長の石田一雄氏

 現状では富士通が同社製のアプリケーションをSaaSで販売するというよりも、「パートナー企業がアプリケーションをSaaSで販売するためのプラットフォームを富士通が提供する」「ユーザー企業向けにシステムのアウトソースを行う」という意味合いが強いようだ。SaaSのプラットフォームを提供することに関して石田氏は、「企業内での映像利用が増え、一部ではセタの量でデータが蓄積されている。データの預かりを含め、効率化およびセキュリティメリットとして訴求していく」とした。

 今後の展開に関しては「いずれはGLOVIA(ERPパッケージ)もここに載せて販売する予定。事業継続性ニーズへの対応を含め、環境を整えて提供していきたい」(石田氏)としている。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...