日立ソフト、Salesforceと基幹システムをデータ連携させるSaaS型サービスNEWS

インフォマティカ・ジャパンのデータ統合プラットフォーム「PowerCenter」を使用して、「Salesforce」と基幹システムとの連携を実現する「SaaSWare DataLoader」を提供。

2008年07月23日 18時42分 公開
[TechTargetジャパン]

 日立ソフトウェアエンジニアリング(以下、日立ソフト)は7月23日、インフォマティカ・ジャパンのデータ統合プラットフォーム「PowerCenter」を使用して、セールスフォース・ドットコムのSaaS(Software as a Service)型CRM「Salesforce」と各種基幹システムとの連携を実現する、SaaS連携基盤提供サービス「SaaSWare DataLoader」の提供を開始した。基幹システムとSalesforceの多種多様なコネクタをあらかじめ提供し、ユーザーは必要なコネクタだけを利用することにより、短期間、低コストでデータ連携を実現できる。価格は月額68万2500円(税込み)から。

画像 SaaSWare DataLoaderの利用イメージ

 日立ソフトでは、Salesforceと各種アプリケーションの連携サービス「SaaSWare」を提供しており、SaaSWare DataLoaderも本サービスの1つとなる。これまでSalesforceと社内基幹システムとのデータ連携を実現するためには、SalesforceのAPIの知識を持つ専門技術者によるプログラム開発が必要だった。SaaSWare DataLoaderでは、あらかじめ用意された多種多様なコネクタによる専用ユーザーインタフェースを用いることで、プログラム開発をすることなく、アプリケーションやデータベースへの連携を短期間で実現できる。日立ソフトはSaaSWare DataLoaderをユーザーの要望に沿ったオンデマンド型で提供するとともに、イニシャルコストも削減できるとしている。同社は、本サービスの初年度1億円の受注を見込んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...