2008年07月23日 18時42分 UPDATE
ニュース

NEWS日立ソフト、Salesforceと基幹システムをデータ連携させるSaaS型サービス

インフォマティカ・ジャパンのデータ統合プラットフォーム「PowerCenter」を使用して、「Salesforce」と基幹システムとの連携を実現する「SaaSWare DataLoader」を提供。

[TechTargetジャパン]

 日立ソフトウェアエンジニアリング(以下、日立ソフト)は7月23日、インフォマティカ・ジャパンのデータ統合プラットフォーム「PowerCenter」を使用して、セールスフォース・ドットコムのSaaS(Software as a Service)型CRM「Salesforce」と各種基幹システムとの連携を実現する、SaaS連携基盤提供サービス「SaaSWare DataLoader」の提供を開始した。基幹システムとSalesforceの多種多様なコネクタをあらかじめ提供し、ユーザーは必要なコネクタだけを利用することにより、短期間、低コストでデータ連携を実現できる。価格は月額68万2500円(税込み)から。

画像 SaaSWare DataLoaderの利用イメージ

 日立ソフトでは、Salesforceと各種アプリケーションの連携サービス「SaaSWare」を提供しており、SaaSWare DataLoaderも本サービスの1つとなる。これまでSalesforceと社内基幹システムとのデータ連携を実現するためには、SalesforceのAPIの知識を持つ専門技術者によるプログラム開発が必要だった。SaaSWare DataLoaderでは、あらかじめ用意された多種多様なコネクタによる専用ユーザーインタフェースを用いることで、プログラム開発をすることなく、アプリケーションやデータベースへの連携を短期間で実現できる。日立ソフトはSaaSWare DataLoaderをユーザーの要望に沿ったオンデマンド型で提供するとともに、イニシャルコストも削減できるとしている。同社は、本サービスの初年度1億円の受注を見込んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。