2010年12月02日 12時30分 UPDATE
ニュース

NEWSネットワールド、VMware専用の仮想共有ストレージを販売開始

外部共有ストレージを使わずに、ESXサーバ内蔵のディスクを利用した仮想共有プールを構築し、VMware HAやvMotionなどの機能を利用する。

[TechTargetジャパン]

 ネットワールドは12月1日、英国StorMagicと代理店契約を締結し、同社の仮想ストレージソフトウェアの最新版「StorMagic SvSAN v.4.4」(以下、StorMagic SvSAN)の国内販売を開始した。

 StorMagic SvSANは、VMware vSphereサーバ上のローカルディスクの空き領域を、iSCSIの共有ストレージ領域として利用できるSVA(仮想ストレージアプライアンス)製品。VMware vSphere 4.1をサポートしており、VMwareからの技術認定を受けている。

 ネットワールドによると、高価な外付けのSANNASストレージを導入せずに、共有データストアを安価に構築できるという。また、vCenterのプラグインモジュールとして同一管理コンソールからデータ領域を管理でき、ストレージの専門知識を持つ管理者が不在でも運用可能だとしている。

photo システム構成図

 さらに、2台のサーバ上に作成したデータストアを同期して筐体間でミラーリングを構成することで、「VMware HA」や「VMware vMotion」などの機能も利用できる。StorMagic SvSANの推奨構成は、2台のVMware vSphereサーバと1台のvCenterサーバ。ネットワールドによると、中小規模環境やスタートアップ環境、バックアップシステムなどに適する製品だという。StorMagic SvSANの参考価格は、24万9800円(容量2Tバイト HA構成)から。

関連ホワイトペーパー

VMware | ストレージ | 運用管理 | サーバ | バックアップ | 環境保護 | NAS | SAN


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...