2011年05月17日 09時00分 UPDATE
特集/連載

マインドマップで作成構成管理や障害対応で役に立つVMwareダイアグラムの作り方

VMware vSphereの要素をマッピングするのは非常に手間の掛かる作業だ。だがマッピングツールを使うことでダイアグラムの作成が容易になる。ダイアグラムはVMware vSphereの障害対応や各種機能の実装で役に立つ。

[Mak King,TechTarget]

 私は地図が大好きだ。街路地図や地形図、それに古地図も持っている。それならば、「VMware vSphere」を使った自社の仮想化インフラ環境に地図を使うのも極めて自然なことではないだろうか。

 VMwareインフラは元来、ダイナミックなものだ。各要素がどこにあり、それがどのように関連付けられているのかを常に把握しておくことは難しい場合もある。何しろ、分散型リソーススケジューリング(Distributed Resource Scheduling)、ストレージのライブマイグレーション(Storage vMotion)、高可用性(High Availability)といった機能のおかげで、仮想マシン(VM)とデータは自動的に移動するようになっているからだ。

 従って、そうした機能を含めたVMwareダイアグラムを作成すれば、以下のようなタスクに大いに役立つはずだ。

関連ホワイトペーパー

VMware | SAN | ストレージ | 仮想化


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news048.jpg

シャノンとサイカが連携、マーケティングデータの「統計分析サービス」を提供開始
シャノンはサイカと連携し、マーケティングデータの「統計分析サービス」の提供を開始す...

news117.jpg

SSP「MicroAd COMPASS」がAMP対応広告タグの提供を開始
マイクロアドは、媒体社向けに提供している国内最大級のSSP「MicroAd COMPASS」において...

news018.jpg

エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...