2008年02月08日 04時55分 公開
特集/連載

サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流にグリーンデータセンターを目指して

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

[Dave Raffo,TechTarget]

 データセンターでサーバ仮想化とストレージ仮想化が併せて行われるようになってきている。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

 ますます多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。必ずしも自らの判断に基づいてそうしているのではない。多くのサーバを仮想化するほど、運用の効率化のために、より多くのネットワークストレージが必要になるからだ。

 「サーバを仮想化すると、ストレージの仮想化に目を向けなければならなくなる」とTaneja Groupのアナリスト、アルン・タネジャ氏は語る。「VMwareを導入した人は突然こう言い出す。『これではダメだ。ストレージが大きなボトルネックになってしまった』。そして彼らは、シンプロビジョニングに対応したストレージや、内蔵コントローラにストレージ仮想化機能を搭載したストレージなどを購入する」

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...