サーバ仮想化が呼び水のストレージ仮想化が大きな潮流にグリーンデータセンターを目指して

多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

2008年02月08日 04時55分 公開
[Dave Raffo,TechTarget]

 データセンターでサーバ仮想化とストレージ仮想化が併せて行われるようになってきている。グリーンITを推進している企業では特にそうだ。

 ますます多くの企業がVMwareを使ったサーバ仮想化の導入に続いて、ストレージを仮想化している。必ずしも自らの判断に基づいてそうしているのではない。多くのサーバを仮想化するほど、運用の効率化のために、より多くのネットワークストレージが必要になるからだ。

 「サーバを仮想化すると、ストレージの仮想化に目を向けなければならなくなる」とTaneja Groupのアナリスト、アルン・タネジャ氏は語る。「VMwareを導入した人は突然こう言い出す。『これではダメだ。ストレージが大きなボトルネックになってしまった』。そして彼らは、シンプロビジョニングに対応したストレージや、内蔵コントローラにストレージ仮想化機能を搭載したストレージなどを購入する」

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...