2007年04月05日 05時00分 公開
特集/連載

仮想化導入ガイドPart7 誇大宣伝に要注意【後編】――アプリケーションとストレージStep by Step

「サーバの仮想化」と「OSレベルの仮想化」について説明した前回に続き、今回は物理リソースを抽象化する2つのアプローチを取り上げ、有効な利用方法を紹介する。

[Alessandro Perilli,TechTarget]

 新しい技術が人気を呼ぶと、決まって多くのマーケティング担当者がその技術の名前を持ち出して、自社製品について我田引水の説明をし始める。もちろん、これは顧客を非常に混乱させる。残念ながら、サーバ仮想化市場ではまさにそれが起こっている。

 わたしがこの記事を書いているのは、この混乱の解消を願ってのことだ。前回は、よく誤用または乱用される言葉である「サーバの仮想化」と「OSレベルの仮想化」について見た。今回は、物理リソースを抽象化する2つのアプローチを取り上げ、それらをどのような場合に有効に利用できるか、また、それらについて語られていることのうち、何が本当に正しいのか、何が誇大宣伝なのかを理解する手助けをしたい。

アプリケーションの仮想化

 アプリケーションの仮想化は、個々のアプリケーションをOSから分離することに基づいている。この場合の抽象化は、サーバ仮想化の場合とは違ってハードウェアとは関連しておらず、ソフトウェア呼び出しによってアクセスされるファイルシステムやそのほかの構造(Windowsレジストリなど)とかかわっている。一般に、アプリケーション仮想化はサーバ仮想化を補完する技術だ。

 アプリケーションの仮想化では、アプリケーションはOSにアクセスするように見えるが、そのI/O操作は、仮想レイヤーによって横取りされて処理される。仮想マシンの場合とまったく同じように、アプリケーションは仮想レイヤーに完全にインストールされて構成されてから、任意のターゲットコンピュータに配布され、そのシステム環境に影響を与えることなく実行される。

 アプリケーションの仮想化により、競合するアプリケーションの共存や、インストール時間の短縮、構成エラーの回避、セキュリティに役立つアプリケーション相互の独立性の向上といった大きなメリットが得られる。これらはいずれもエンドユーザーの生産性向上につながる。また、アプリケーションの仮想化によるパフォーマンスへの影響は、最小限にとどまる。しかし、明らかな限界がある。仮想化ソリューションでサポートされているOSにしかアプリケーションをインストールできないことだ。

 この市場セグメントでは、ソフトリシティやアルティリスなど数社の新興企業が競合してきた。だが、ソフトリシティは2006年にマイクロソフトに買収され、アプリケーション仮想化とアプリケーションストリーミングの考え方を組み合わせたソフトリシティの製品は、マイクロソフトに引き継がれた。アルティリスは個人利用向けに無料の製品を提供し、アプリケーション仮想化技術の普及を推進している。

 現在、アプリケーションの仮想化は大きな可能性を持っており、サーバの仮想化があまり適さない幾つかのシナリオで利用できる。ただし、ソフトウェアを仮想化する機能の完成度は、全体的にまだ不十分だ。複雑なアプリケーションのなかには、かなり手間をかけないと仮想化できないものや、仮想化がまったく不可能なものもある。

 要約すると、顧客は現時点でアプリケーション仮想化の導入を開始できるが、インフラ全体にこの技術を展開するのは時期尚早といえるだろう。

ストレージの仮想化

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...