2011年06月14日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ハードウェアやネットワークによる制限を加味仮想マシンは何台が適切か? 〜サーバクラスタのサイズを決定する

サーバ仮想化では、大規模なサーバクラスタを1つ構築するのと、小規模なサーバクラスタを複数構築するのとではどちらが良いのだろうか。ハイパーバイザーの性能よりもハードウェアの制限が関係しそうだ。

[Brien Posey,TechTarget]

 サーバ仮想化ハードウェアの性能が向上するに従って、1つのサーバクラスタで多数の仮想マシン(VM)をホスティングすることの実用性もますます高まっている。

 それでも、「全てのVMを収容できる大規模なサーバクラスタを1つ構築する」のと、「小規模なサーバクラスタを複数組み合わせてホスト当たりのVMの台数をほどほどに抑える」のとではどちらがいいのかという疑問は残る。サーバクラスタのサイズには、ハードウェアの性能とネットワーク接続の性能が影響を及ぼし得る。さらには、ハイパーバイザー自身にもサーバクラスタリングの制限がある。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...