2011年06月14日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ハードウェアやネットワークによる制限を加味仮想マシンは何台が適切か? 〜サーバクラスタのサイズを決定する

サーバ仮想化では、大規模なサーバクラスタを1つ構築するのと、小規模なサーバクラスタを複数構築するのとではどちらが良いのだろうか。ハイパーバイザーの性能よりもハードウェアの制限が関係しそうだ。

[Brien Posey,TechTarget]

 サーバ仮想化ハードウェアの性能が向上するに従って、1つのサーバクラスタで多数の仮想マシン(VM)をホスティングすることの実用性もますます高まっている。

 それでも、「全てのVMを収容できる大規模なサーバクラスタを1つ構築する」のと、「小規模なサーバクラスタを複数組み合わせてホスト当たりのVMの台数をほどほどに抑える」のとではどちらがいいのかという疑問は残る。サーバクラスタのサイズには、ハードウェアの性能とネットワーク接続の性能が影響を及ぼし得る。さらには、ハイパーバイザー自身にもサーバクラスタリングの制限がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

若者の悩みは「未来」よりも「お金」にシフト?――CCC調査
平成が終わりを迎えようとしている中、若者たちは何に悩みどんなことを考えているのでし...

news013.jpg

なぜ人材採用にマーケティング発想が必要なのか
デジタル時代の人材採用。海外では既に実践されている「インバウンドリクルーティング」...

news139.jpg

シナジーマーケティングとMS&Consultingが「覆面Web調査」を開始
シナジーマーケティングはMS&Consultingと協業し、ECなどのWeb会員の顧客満足度を調査改...