2011年05月27日 08時00分 公開
特集/連載

Windows環境の規模に応じた最適なHyper-V管理ツールの選択Hyper-VマネージャとSCVMMの使い分け

Hyper-V環境での仮想化管理ツールを企業規模別に見ていく。企業規模によって求められる管理機能が異なるため、管理ツールの使い分けが必要だ。

[Eric Beehler,TechTarget]

 米MicrosoftのHyper-Vが広く普及しているのは、Windows Serverライセンスの一部として提供され、追加費用なしで利用できるからかもしれない。しかし、Hyper-Vが手軽に使えるからといって、IT管理者が仮想環境管理のベストプラクティスを考慮する必要があることに変わりはない。むしろ、ハイパーバイザー市場のコモディティ化が進む中、その必要性は一段と高まっている。

 ベンダーは現在、仮想化レイヤーを無料で提供し、管理で利益を上げている。このため、各ベンダーの管理ツールスイートを検討し、自社のインフラに最適なものを選択することが非常に重要だ。Hyper-Vツールはさまざまなものが出回っており、企業が選択すべきツールは自社環境の規模によって異なる。

関連ホワイトペーパー

Hyper-V | 仮想化 | クラスタ | HDD


ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...