Hyper-VクラスタにおけるVMの状態同期と構成ファイルの問題仮想環境の安定化を実現する

「VMの状態が同期されない」「VM構成ファイルのリンクが切れる」という2つの問題に関する回避策を紹介する。

2010年02月18日 08時00分 公開
[Rob McShinsky,TechTarget]

 Hyper-Vクラスタで発生しがちな2つの問題を取り上げ、その回避策を紹介しよう。この回避策は、わたしが管理している仮想環境の全体的な安定性の維持に役立っている。

問題1:VMの状態が同期されない

 最近、HPバーチャルコネクトのファームウェアで問題が起こった。パブリックおよびプライベートNIC(ネットワークインタフェースカード)が長時間停止し、そのためにノードがクラスタ内のほかのホストの障害を検知した。その結果、仮想マシン(VM)が代替ノードで再起動を試みた。

 このとき、場合によってはMicrosoft管理コンソールのスナップインである「フェールオーバー クラスター マネージャー」がVMの状態を「保存中」または「開始中」と表示した。「Hyper-Vマネージャ」はこれらのVMを「保存済み」または「実行中」として表示したが、この情報がフェールオーバー クラスター マネージャーに反映されなかった。

 以下の3つの回避策により、VMの正しい状態をクラスタで同期できる。

関連ホワイトペーパー

Hyper-V | フェイルオーバー | 仮想化 | Windows Server | XML


ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...