2011年07月07日 20時24分 UPDATE
ニュース

NEWSAndroidのセキュリティはこれ1つでOKな「Trend Micro Mobile Security 7.0」

トレンドマイクロが、企業向けにスマートフォンのセキュリティ対策と各端末の一元管理などが可能な製品を発表。Windows Mobile、Android端末に対応し、8月1日に受注を開始する。

[TechTargetジャパン]
画像 端末側の利用イメージ画面

 トレンドマイクロは7月7日、スマートフォンセキュリティ対策と管理機能を提供する企業向けのソフトウェア製品「Trend Micro Mobile Security 7.0(以下、TMMS)」を発表した。対応端末はWindows MobileとAndroid端末(OS 2.1以上)。8月1日に受注を開始し、3日に出荷する。

 TMMSは、専用エージェントをインストールした端末に「セキュリティ対策」「デバイス管理」「集中管理」の各種機能を適用できる。各機能の詳細は以下の通り。

  • セキュリティ対策

 端末内の不正プログラム検索、不正Webサイトへのアクセス制限、着信/メールフィルタリング

  • デバイス管理

 遠隔での端末ロック・データ消去、位置特定、カメラ・Bluetoothなどの機能制限、パスワード強制、複数端末の一斉プロビジョニング

  • 集中管理

 各端末情報のステータス確認、セキュリティポリシーの集中管理、パターンファイルの強制アップデート、同製品を利用可能とするエージェントの無断アンインストール防止

 同社では、2011年11月に集中管理機能の「セキュリティポリシーの集中管理」「パターンファイルの強制アップデート」を強化し、「ログ管理機能」を新たに実装する予定だ。

画像 管理画面イメージ(遠隔にある端末の検索)

 購入は、セキュリティ機能と集中管理機能を搭載するスタンダード版と、デバイス管理機能を含めて全ての機能を搭載するアドバンス版の2種類から選択できる。参考価格(税別)は1アカウント当たりスタンダード版が3110円、アドバンス版が6220円。

 なお参考価格は、250〜499アカウントを利用した場合の(サービス料を含む)1年間の使用許諾料金。アカウント数に応じて割引を適用するディスカウント制。また、2年目以降、製品のバージョンアップやパターンファイルのダウンロード等のサポートサービスを継続する場合、1年当たり初年度購入価格の50%が発生する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。

news047.jpg

CyberBull、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手
CyberBullは、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手。2019年内の実用化を目...