2011年11月02日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ラック西本CTOに聞く標的型攻撃対策標的型攻撃の被害を防ぐ“特効薬”は「ログ管理」

次々と明るみに出る標的型攻撃の脅威に、企業はいかに対処すべきか。ラックの西本CTOは従来型の対策に加え、攻撃の痕跡を見逃さないためのログ管理を徹底することがまず重要だと指摘する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

サイバー戦争の真っ只中にいることを認識すべき

 特定の企業や組織を狙ったサイバー攻撃である「標的型攻撃」が広がりつつある。2011年10月には衆議院や政府機関を狙った攻撃も発覚。「日本はサイバー戦争のまっただ中にいるということを意識すべきだ」と、セキュリティ企業のラックで最高技術責任者(CTO)を務める西本逸郎氏は指摘する。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

インターネット広告PMP取引市場規模、2021年には約3倍に――サイバーエージェント子会社が予測
サイバーエージェント子会社のAJAは国内PMPの市場動向調査を実施。その結果を発表した。

news025.jpg

電通ダイレクトフォース、コマース機能付きインタラクティブ動画を制作できる「EICHI ビデオコマース」を提供
電通ダイレクトフォースは、コマース機能を実装したインタラクティブ動画を制作・配信で...

news019.jpg

電通など3社、Instagram動画広告の制作・配信ソリューションを提供
電通デジタルと電通、TWIN PLANETの3社は、「Instagram」の動画広告を制作・配信するソリ...