2011年11月10日 19時00分 UPDATE
ニュース

NEWSネットアップ、SMB向けストレージのエントリーモデルを提供

ネットアップが中堅・中小企業向け製品群のエントリーモデルを提供開始。管理ツールやデータ保護ソフトウェアなどを標準搭載している。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 ネットアップは11月9日、SMB(中堅・中小企業)向けストレージ製品群「FAS2000」のエントリーモデル新製品「FAS2240」の提供開始を発表した。筺体サイズが2Uの「FAS2240-2」と4Uの「FAS2240-4」の2種類が用意されている。

photo FAS2240-2
photo 米ネットアップのダス氏

 FAS2240はシングルまたはデュアルのコントローラー構成を選択でき、物理メモリは12Gバイト。最大搭載ドライブ数は144、最大データ容量はFAS2240-2が374Tバイト、FAS2240-4が432Tバイト。同社のストレージOSの最新版「Data ONTAP8.1」に対応する。また、重複排除やシンプロビジョニングなどのリソース効率化、スナップショットやレプリケーションといったデータ保護・管理機能を提供するソフトウェアが標準搭載されている。さらに今回からストレージ管理ツール「NetApp OnCommand System Manager2.0」(以下、System Manager)も標準で提供する。

 米ネットアップのプラットフォーム&ストレージ担当シニアディレクター、ラジ・ダス氏によると「従来製品『FAS2040』と比べて2〜3倍処理性能が向上した」という。また、FAS2000シリーズから同社のストレージ最上位機種「FAS6280」まで全ての製品ラインアップで同一アーキテクチャを採用しており、FAS2240のコントローラーモジュールを取り外すとハイエンドシステムの外付けの筺体として利用できることなどを挙げ、事業の成長に合わせて柔軟にシステム拡張が可能だと説明した。

photo ネットアップの製品ラインアップ
photo 米ネットアップのジョシ氏

 System Managerについて、米ネットアップのプロダクトマネジメント担当シニアマネージャー、パラグ・ジョシ氏は「ストレージ専任の管理者がいない企業でも使いやすい操作性とワークフローの自動化を促進させる管理機能を提供する」と説明。System ManagerはData ONTAP7.2.3以降が稼働するネットアップのストレージに対応する。現在は英語版のみだが、2011年11月末に日本語評価版をネットアップのコミュニティーサイトから無償でダウンロード可能にする予定だ。

photo ネットアップの近藤氏

 ネットアップの技術本部 本部長、近藤正孝氏は日本国内の外付けディスクストレージ市場におけるローエンドストレージの売上比率は2011年の33.1%から2015年には44.5%まで上がるというIDC Japanの市場予測を紹介しながら、「FAS2240を需要の伸びがあるエントリーレベルの主力製品として位置付けている」と説明し、同市場に注力する営業部門の強化を図るとともに、販売パートナーとの連携や仮想化ソフトウェアベンダーとの共同検証などを実施すると語った。

 FAS2240の参考価格は179万円から(4Uシングルコントローバー構成の場合)。同社は従来製品FAS2040も価格改定を実施して販売を継続する予定。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | SMB | レプリケーション | バックアップ


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

選挙の情報収集手段 10代はインターネットが7割、主婦はテレビが8割超
投票だよ、おっ母さん。わが国、そして世界のそこかしこで政治の季節を迎えつつある昨今...

news108.jpg

マーケティングオートメーション「ListFinder」、セミナー管理機能を追加
イノベーションは、B2Bに特化したマーケティングオートメーションツール「ListFinder」に...