2011年12月01日 09時00分 UPDATE
特集/連載

スマートフォンのセキュリティ対策は本当に必要か【前編】急増するAndroidやiOS向けマルウェア、ただし危険性には疑問の声も

スマートフォンやタブレットを狙ったマルウェアが急増している。だがこれらのマルウェアの脅威を疑問視する声も根強い。前編はウイルス対策の現状を中心に動向を整理する。

[Michael Cohn,TechTarget]

 スマートフォンタブレット端末マルウェアが感染するなんて笑い話だ――そう思われていたのはそれほど昔のことではない。現在、この種の製品が冗談と見なされることは少なくなってきたが、モバイルセキュリティソフトウェアの必要性を疑問視する声も少なからずある。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

無料DMP「Juicer」がインティメート・マージャーと広告配信で連携
PLAN-Bは、同社が無料で提供するユーザー分析DMP「Juicer」において、インティメート・マ...

news109.jpg

特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業...

news012.jpg

別所哲也氏と語る、ブランドが映画を作る意味
企業がコンテンツ、それも「映画」を作る理由とは何か。テレビCMと何が違うのか。「Brand...