2011年12月06日 09時00分 UPDATE
特集/連載

パブリッククラウドとプライベートクラウドの違い【後編】40%がセキュリティを理由に見送り――パブリッククラウドのメリット/デメリット

コスト、セキュリティ、災害対策といった観点で、プライベートクラウドと比較したパブリッククラウドのメリット/デメリットを検証する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 本稿は、パブリックおよびプライベートクラウドコンピューティングに関する連載の後編だ。前編「導入しても管理が難しい、プライベートクラウドの利点と制約」ではパブリッククラウドとプライベートクラウドの違いについて解説した。

 パブリッククラウドを検討すればプライベートクラウドの利点が見えてくるが、多くの場合、プライベートクラウドはコスト的に不利だ。しかし、パブリッククラウドの欠点には、企業にとってコスト削減を帳消しにしてしまうほど重大なものもある。ここではパブリッククラウドの利点と欠点を検証してみたい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...