2012年02月14日 09時00分 UPDATE
特集/連載

仮想化管理ベンダーの業界再編が予測される仮想化管理、2012年のキーワードはマルチハイパーバイザー対応

専門家によると、2012年は複数のハイパーバイザーを管理できるツールへのニーズが本格化するという。これは、自社以外の仮想化管理製品を開発するつもりのないVMwareにとって逆風となりそうだ。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 2012年には仮想化管理業界の再編が進み、異種ハイパーバイザーのサポートと総合的な管理製品が求められるだろう──ITプロフェッショナルや専門家はそう予測する。

 ユーザーやアナリストらによると、2012年はマルチハイパーバイザー環境を運用する企業が増えるのに伴い、マルチハイパーバイザー管理ツールへのニーズが本格化する見込みだ。

 「既に何を持っているかではなく、何を運用するのかに基づいてハイパーバイザーを選択する企業が増えてくるだろう」と話すのは、米地方銀行で副社長代理を務めるジョー・ヘンリック氏だ。「目的に合ったハイパーバイザーを選択すればコストを削減できることに彼らが気付き始めるからだ」

 ヘンリック氏は現在、Hyper-Vのユーザーだが、社内にはLinuxゲストも存在するため、米VMwareの製品も導入する可能性があるという。「これまでは、ある製品を採用したら他の製品を導入しないのが普通だったが、今後はこういった壁が取り払われていくと思う」と同氏は語る。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news001.jpg

第5回 コンテンツマーケティングの未来予想図――潜在興味を追求する冒険は続く
広告会社が生き残るにはどうすればよいのでしょうか。広告会社本来の機能を見つめ直し、...

news138.jpg

「手作り居酒屋 甘太郎」など224店舗で、セルフオーダータブレットに広告を配信
「手作り居酒屋 甘太郎」などを経営するコロワイドのグループ会社であるワールドピーコム...

news133.jpg

協和発酵キリン、企業ブランディングを目的に音楽×ライフサイエンスを融合した『10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE』を公開
協和発酵キリンは10月1日、企業ブランディングを目的としたWebコンテンツ『10 SOUNDS OF ...