2012年07月17日 20時00分 UPDATE
ニュース

【IFRS】「最終スタッフ報告」が公開SEC、米国企業のIFRS適用について判断示さず

IFRS適用の方針や方法、時期などについての最終的な結論を示す記述はなく、IFRS財団は「残念」とコメントしている。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 SEC(米国証券取引委員会)は7月13日、米国のIFRS適用に関する「最終スタッフ報告」を公開した。しかし、米国企業へのIFRS適用の方針や方法、時期などについての最終的な結論を示す記述はなく、IFRS財団は「残念」とコメントしている。

 最終スタッフ報告は「Work Plan for the Consideration of Incorporating International Financial Reporting Standards into the Financial Reporting System for U.S. Issuers」の名称で、「スタッフによる最終報告」としている。SECがこれまで公表したIFRSについての各種リポートをまとめた内容が中心で、IFRSの米国市場への影響や、IFRSの開発体制、世界の状況などを説明している。

 ただ、最も注目されたいた米国企業のIFRS適用についての方針や方法、時期についての最終的な結論は示していない。SECが今後取るべきステップについての説明もない。SECが今後、追加で何らかの判断を示す可能性はあるが、その時期は不透明。米メディアは2013年以降になるとの見方を示している。SECは当初、2011年中に最終報告を公開するとしていたが、これまで延期してきた。

 SECの最終スタッフ報告についてIFRS財団評議員会議長のミシェル・プラダ氏は最終報告について、「SECに対する次のアクションの提案が伴わず残念」とコメントしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

DHC、中国向けに初の越境ECをスタート
中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するインアゴーラは、ディ...

news070.jpg

SSP「fluct」、動画広告DSP「ONE by AOL: Video」と連係開始
AOLプラットフォームズ・ジャパンは動画広告DSP「ONE by AOL: Video」とfluctのSSP「fluc...

news004.jpg

「無意識のウソ」を排除せよ――ユーザーの本音を引き出す定性調査の勘所
アンケートに代表される定量調査が「仮説証明型」であるのに対して、「仮説発見型」の方...