2012年08月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

SSO製品紹介【第1回】CA Technologies編“SIいらず”が信条のSSO製品「CA SiteMinder」

管理性と拡張性に配慮し、個別開発の必要性を可能な限り排除。ユーザー単位の課金で導入負荷を低減。そんな特徴を持つSSO製品、CA Technologiesの「CA SiteMinder」を解説する。

[谷崎朋子]

 Webベースの業務アプリケーションの浸透、クラウドの活用増大、スマートフォンタブレットをはじめとする端末の多様化――。こうしたIT環境の急速な変化は、管理すべきID/パスワードの急増をもたらす。管理すべきID/パスワードの増加に耐えられなくなり、ノートや付せんにパスワードをメモしてクライアントPCの近くに置いている従業員も少なくないだろう。

 セキュリティやコンプライアンス上問題のあるこうした行為を防ぐ有力な手段がシングルサインオン(SSO)製品である。SSO製品の製品動向は、「【製品動向】「付せんでID管理」を一掃するシングルサインオン(SSO)」で示した。本連載では、国内で提供されているSSO製品をベンダーごとに紹介していく。第1回は、CA Technologies(以下、CA)のSSO製品を解説する。

連載:シングルサインオン(SSO)製品紹介

連載インデックス


製品の概要

 CAが販売するSSO製品は、Webアクセスマネジメント(WAM)製品「CA SiteMinder」とIDフェデレーション製品「CA SiteMinder Federation(旧CA Federation Manager)」の2つだ(参考:クラウド導入で見直すアイデンティティー管理)。以下、それぞれの概要を説明する。

CA SiteMinder:エージェント型とリバースプロキシ型を併用可能

 CA SiteMinderは、主要なSSOの認証方式であるエージェント型とリバースプロキシ型の双方を組み合わせて運用できるのが特徴のWAM製品だ(図1)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...