2012年11月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

XPユーザーが、一刻も早く移行に着手すべき理由【導入効果】あらためて見直すWindows 7移行のメリットと障壁

2014年4月のサポート期間終了を間近に控えながら、いまだに多くの企業が使い続けているWindows XP。だが移行に必要な時間を考えれば、これ以上作業を先延ばしにすることは難しい。

[吉村哲樹]

Windows XPユーザーに迫りつつある“サポート終了のリスク”

 既に登場から12年がたとうとしているWindows XP。本来ならWindows VistaやWindows 7にバトンタッチしているタイミングだが、いまだに半数以上の企業が使い続けている。だが2014年4月にサポート期間が終了すれば、OSの脆弱性を修正するセキュリティパッチがマイクロソフトから提供されなくなる。アプリケーションベンダーや周辺機器ベンダーの製品についても、随時Windows XPへの対応が打ち切られていくと予想される。そこで本稿では、ガートナー ジャパン リサーチ ITインフラストラクチャ クライアント・プラットフォーム シニアアナリストの針生恵理氏の話を基に、今あらためてWindows 7導入のメリットとOS移行の障壁を見直す。

 なお、企業におけるWindows 8移行の可能性については、「【市場動向】XPユーザーのための『Windows 8を見送るべき理由』」を参照されたい。

Windows 7移行のメリットは、セキュリティ強化と生産性向上

 まずOSの移行自体は、サポートが切れたOSを使うことによるリスクを回避する上で不可欠だが、Windows 7の導入によって得られるメリットも少なくない。注目すべきは、Windows XPに比べて基本的なセキュリティ機能が向上している点だ。

 例えば、IT部門が設定した定義に従って、アプリケーションに対するユーザーの操作権限をコントロールできる「ユーザーアカウント制御機能」をはじめ、マルウェア対策となる「データ実行防止」機能、アプリケーションが持つ権限や使用するリソースを制限することで、アプリケーションが悪用された場合の被害を防ぐ「Windows Service Hardening」などを実装している。

 さらに、ビジネス用途のWindows 7 Enterprise(Software Assurance契約でのみ利用可)では、HDDの暗号化機能「BitLocker」、特定アプリケーションの実行を制限する「AppLocker」、外部から社内システムへのVPN接続を容易にする「DirectAccess」なども装備。デバイス管理、ポリシー制御、診断および回復ツールなどの機能セットを比較的安価な追加コストで利用できる「MDOP (Microsoft Desktop Optimization Pack)」もメリットといえる。これらの中にはWindows Vistaから搭載された機能もあるが、Windows 7ではより洗練されている点が特徴だ。

 この他、帯域の狭いWAN回線で接続された支社などのコンテンツをキャッシュし、そのキャッシュを利用することでネットワークのレスポンスを改善する「BranchCache」、起動時間の短縮、スリープ/サスペンドのコントロール機能の追加、省電力機能など、生産性に寄与する機能も含めて拡充されている。実際、以上の機能により、クライアント管理の効率化に成功している企業もある。

アプリケーションの互換性チェックと改修作業が移行のネック

 その半面、これらの機能変更によってWindows XPからWindows 7への移行には手間が掛かるのも事実だ。1つは前述したセキュリティ機能強化に伴う問題。例えば「ユーザーアカウント制御機能」により、管理者権限で自分のPCにログインしたユーザーは、標準ユーザーとしてアプリケーションを操作できる他、IT部門が設定した定義に従ってユーザー権限をコントロールすることもできる。これに伴い、各アプリケーションに対するユーザー権限や認証方法の見直しと再設定が必要になる。これを行わなければアプリケーションによってはインストールすらできなくなる場合もあるため、「ユーザー権限をどのように設定するか」「既存アプリケーションをユーザーアカウント制御機能にどう適合させていくか」を考案することが移行における1つの課題となる。

 2つ目はアプリケーションの互換性に伴う問題。アーキテクチャの変更により、Windows XP上で利用していたアプリケーションは、Windows 7では正常に動作しない場合がある。このためアプリケーションの動作検証と改修作業が必須となる。特に日本企業は、業務アプリケーションについてはパッケージソフトウェア製品の導入率が低く、スクラッチ開発アプリケーションの比率が高い。パッケージ製品でも大幅なカスタマイズを施していることが多い。このため検証・改修作業量が増えてしまいやすい。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

日本アドバタイザーズ協会、広告業務全般における働き方改善を目指す取り組みを行うと発表
日本アドバタイザーズ協会は、広告業務に携わる人の働き方改善を目指す取り組みを行うと...

news064.jpg

ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均1...

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...