2012年12月20日 20時00分 UPDATE
ニュース

【IFRS】第1四半期からIFRSで開示楽天が2013年12月期からIFRS適用、JASDAQ上場企業で初めて

大阪証券取引所によると、JASDAQ上場企業でIFRS適用を公表したのは楽天が初めてだ。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 楽天は12月20日、IFRS(国際会計基準、国際財務報告基準)を2013年12月期から任意適用すると発表した。2013年12月期第1四半期の連結財務諸表からIFRSに基づく開示を行う。大阪証券取引所によると、JASDAQ上場企業でIFRS適用を公表したのは楽天が初めて。

 楽天については、グループの楽天銀行がIFRS適用準備を進めていることを明らかにしていた(参考記事:楽天銀行のIFRSプロジェクト、その1年を追う)。また、楽天 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏もこれまで、IFRS適用に積極的な姿勢を示していた(参考記事:【事例】トップダウンで始まった楽天銀行のIFRS対応、会計システム刷新を追う)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...

news071.jpg

ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマー...

news023.jpg

「リタゲ」から「フルファネル」へ――知っていそうで知らないダイナミック広告の活用法
企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信されるダイナミック広告が...