2013年02月07日 22時40分 UPDATE
ニュース

NEWSシトリックスのVDI環境向けシンクライアント、アイネットが発売

アイネットは、デスクトップ仮想化(VDI)向けシンクライアント端末を発表した。シトリックス・システムズ・ジャパンのVDI関連技術「Citrix HDX」用のプロセッサを搭載する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 アイネットは2013年2月7日、シンクライアント端末「NComputing N Series」を発表した。同端末に加え、デスクトップ仮想化(VDI)をクラウドサービスとして提供するDesktop as a Service(DaaS)を組み合わせた「Hosted Virtual Desktopサービス」も提供する。同月28日に提供開始。

 NComputing N Seriesは、シトリックス・システムズ・ジャパンの画面転送/アプリケーション配信技術「Citrix HDX」の処理に特化したプロセッサ「Numo 3」を搭載したシンクライアント端末。1920×1080ピクセル(1080p)の映像処理が可能なハイエンド版の「NComputing N500」、720p(1280×720ピクセル)の映像処理が可能な普及版の「NComputing N400」の2タイプを用意した。いずれも消費電力は5ワットで、開発は米NComputing。

写真 NComputing N Seriesの筐体。ハイエンド版のNComputing N500(左)、普及版のNComputing N400

 Hosted Virtual DesktopサービスのDaaSは、同社のクラウド基盤「VAiOS」で稼働する「VIDAAS(VAiOS Private Cloud Desktop as a Service)シリーズ」の中から選択する。選択可能なDaaSは、VDI製品のCitrix XenDesktop、アプリケーション配信/プレゼンテーション仮想化製品のCitrix XenAppを基盤とする「VIDAAS」、VDI構築用仮想アプライアンスのCitrix VDI-in-a-Boxを基盤とする「VIDAAS Lite」など。

 価格(税別)は、NComputing N500が2万6000円、NComputing N400が1万9800円。Hosted Virtual Desktopサービスを利用する場合、別途VIDAASシリーズの初期費用と月額費用が必要になる。月額費用は、VIDAASのXenDeskTop版の場合1ユーザー6500円、XenApp版の場合1ユーザー7000円。VIDAAS Liteの場合1ユーザー3000円。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...