2013年04月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

課題解決ナビ社内に散在するデータを連携させ、活用できるようにしたい

データが複数システムに散在し、データ形式もシステムによってバラバラ――。こうした状況下で効果的なデータ活用を進めるのに不可欠なのがデータ連携だ。その具体策とは?

[TechTargetジャパン]

 システムのサイロ化が進んだ結果、さまざまな業務データが複数のシステムに点在している企業は少なくない。こうした状況では、データ更新などのメンテナンスが大変になるだけでなく、複数種類のデータを組み合わせて活用するのが難しくなる。

 本来であれば1つのデータベースに統合し、あらゆるデータをシームレスに利用可能にすることが望ましい。だが、そのために全てのシステムを停止し、再構築するのはリスクが大きい。現実的な解決策となるのが、システムに大規模な改修を加えることなく、データを連携させる仕組みの構築だ。データ連携を支援するさまざまな製品、技術の具体例を紹介しよう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...