クラウドはオンプレミスとデータ連携ができる? どうなる連携コストクラウドガバナンス現在進行形【第4回・前編】

ハイブリッドクラウドの実現に向け、技術的・法的課題は何か。前編では、オンプレミスとクラウドのデータ連携についての課題や技術的構造を整理してみよう。

2011年12月21日 09時00分 公開
[川田大輔]

 今回も経済産業省企業IT動向調査の引用から始めたい。同調査によると、企業利用者の35%が自社オンプレミスシステムとクラウドコンピューティングのデータ連携について疑念を抱いており、15%が他社サービスへの移行が困難になると心配し、8%が大量データの移行が困難になると考えている(「企業IT動向調査」P41)。これら3つの問題は、オンプレミスとクラウドの相互運用性確保に当たっての課題の一側面と整理することができる。

オンプレミス/クラウドにおけるデータ連携の構造をNIST定義に当てはめて整理

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...