2011年12月21日 09時00分 公開
特集/連載

クラウドはオンプレミスとデータ連携ができる? どうなる連携コストクラウドガバナンス現在進行形【第4回・前編】

ハイブリッドクラウドの実現に向け、技術的・法的課題は何か。前編では、オンプレミスとクラウドのデータ連携についての課題や技術的構造を整理してみよう。

[川田大輔]

 今回も経済産業省企業IT動向調査の引用から始めたい。同調査によると、企業利用者の35%が自社オンプレミスシステムとクラウドコンピューティングのデータ連携について疑念を抱いており、15%が他社サービスへの移行が困難になると心配し、8%が大量データの移行が困難になると考えている(「企業IT動向調査」P41)。これら3つの問題は、オンプレミスとクラウドの相互運用性確保に当たっての課題の一側面と整理することができる。

オンプレミス/クラウドにおけるデータ連携の構造をNIST定義に当てはめて整理

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...