2013年05月02日 18時30分 UPDATE
特集/連載

サポート終了とともにOS攻撃が増大2014年4月の“Windows XP黙示録”を避ける2つの方法

Windows XP は2014年4月でサポート期間が終了する。だが多くの企業はリスクを承知で、この先10年はXPを使い続けるだろう。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

今から予想される2014年4月9日以降の“XP黙示録”

 2014年4月8日火曜日(米国時間)は、セキュリティ管理者にとって運命の日になるかもしれない。米Microsoftはこの日をもってWindows XPのサポートを終了する。2013年4月現在、企業のクライアントPCのほぼ4台に1台がWindows XPを搭載しているといわれている。すぐにでもこれらのシステムの守りを固めない限り、緊急のセキュリティ対策を迫られる事態に陥りかねない。

ITmedia マーケティング新着記事

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...

news149.jpg

ファッションサブスクリプションの「メチャカリ」、チームラボ開発のAIチャットbotを導入
ストライプインターナショナルは、ファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ...