2013年05月02日 18時30分 UPDATE
特集/連載

サポート終了とともにOS攻撃が増大2014年4月の“Windows XP黙示録”を避ける2つの方法

Windows XP は2014年4月でサポート期間が終了する。だが多くの企業はリスクを承知で、この先10年はXPを使い続けるだろう。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

今から予想される2014年4月9日以降の“XP黙示録”

 2014年4月8日火曜日(米国時間)は、セキュリティ管理者にとって運命の日になるかもしれない。米Microsoftはこの日をもってWindows XPのサポートを終了する。2013年4月現在、企業のクライアントPCのほぼ4台に1台がWindows XPを搭載しているといわれている。すぐにでもこれらのシステムの守りを固めない限り、緊急のセキュリティ対策を迫られる事態に陥りかねない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...