2013年06月21日 21時00分 UPDATE
ニュース

NEWSiPhoneに対応、クラウド型BPMツール「BizOne/BizPlatform」が強化

業務状況を可視化するBPMツール「BizOne/BizPlatform」がアップデート。iPhoneに対応し、入力画面の操作性を向上させるのが骨子だ。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 クレオネットワークスは同社のクラウドBPM(ビジネスプロセスマネジメント)ツール「BizOne/BizPlatform」を6月末にアップデートする。iPhone対応や入力画面の操作性向上が主な強化点。同社は「業務プロセス管理への関心が高まっている」(クレオネットワークス 取締役 ICTサービス事業部 事業部長 岩崎英俊氏)として、今後も3カ月ごとにアップデートしていく方針だ。

 BizOne/BizPlatformは、ビジネスプロセス管理機能を備えたBizPlatformと、業務別のテンプレート群であるBizOneで構成される。テンプレートは以下の機能を備える。

 人による作業を管理できるのが特徴で、商談や契約、調達など人が関わる作業を効率化できるという。人の作業も含めてビジネスプロセスを可視化し、標準のモデルに合わせて設定可能。業務の進捗や案件の履歴、他組織への業務依頼なども管理できる。

 6月末のアップデートではiPhoneで利用できるインタフェースを用意する。またクライアントPC向けの画面では入力画面を改善し、1画面内の情報量を増やした。これによって作業効率の向上を果たすという。また、キヤノンITソリューションズと協業し、同社のSOA基盤「Enterprise Imaging Platform」とBizPlatformを連携できるようにした。これにより、人とシステム、複合機などのオフィスデバイスとのビジネスプロセス連携を可能にする。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

SNSあれば憂いなし、今何に備えるべきかを調査で知ろう
地震、雷、火事、ネット炎上。不測の事態への対策から学力向上、働き方改革まで、私たち...

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...