2013年06月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

AWS Summit Tokyo 2013リポート【事例】ユーザー企業3社が本音で語る、AWSを使ってみてどうだったか

アンデルセン、ケンコーコム、東急ハンズの3社が、Amazon Web Services(AWS)を導入した経緯、使ってみてどうだったかを本音でトーク。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]
tt_aa_aws.jpg パネルディスカッションの様子

 2013年6月に都内で開催された「AWS Summit Tokyo 2013」から、パネルディスカッション「クラウドファースト企業が実践するAWS活用企業の実際」をリポートする。Amazon Web Services(AWS)で業務系システムを運営しているユーザー企業3社の情報システム部門(以下、情シス)責任者が登壇し、AWS活用の実際について語った。

登壇者

パネリスト

アンデルセンサービス 執行役員 システムサポート部 部長 堀尾紀昭氏

ケンコーコム 取締役 IT本部長 新井達也氏

東急ハンズ ITコマース部長 執行役員 兼 ハンズラボ 代表取締役社長 長谷川 秀樹氏

モデレーター

日経BP 日経コンピュータ編集 中田 敦氏


AWSをどう使っているのか

 最初に、3社がAWSを使い始めたきっかけと、どのようなシステムで使っているかが語られた。

アンデルセンサービス:大規模なバッチ処理をAWSで

 小売業から製造業まで全般的なベーカリー事業を営むアンデルセングループのシステムを支えるのがアンデルセンサービスだ。同グループのシステムの在り方は、汎用機からハウジング、ホスティング、そしてクラウドコンピューティングへ、時代とともに変遷を遂げてきた。アンデルセンサービス 執行役員 システムサポート部 部長 堀尾紀昭氏は、AWSの利用について「データセンターホスティングの延長と考えている」と話す。ただし、乗せているシステムは、クラウドの特性に合ったものだ。その点が他のホスティングで運用するシステムとは異なるという。具体的には、基幹システムである、原価計算のバッチ処理システムの基盤に「Amazon Elastic Compute Cloud」(以下、Amazon EC2)、「Amazon Simple Storage Service」(以下、Amazon S3)、「Amazon Virtual Private Cloud」(以下、Amazon VPC)を利用している。バッチ処理自体は、ノーチラス・テクノロジーが提供する、Hadoop上で大規模な基幹バッチ処理を行うためのフレームワーク「Asakusa Framework」を使用。その結果、今まで4時間かかっていた原価計算のバッチ処理が20〜40分まで短縮できた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...