2013年10月15日 00時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!Webの脅威を払拭するゲートウェイセキュリティ

社内システムを危険にさらすサイバー攻撃。その有効な対策となるのが、ファイアウォールをはじめとするゲートウェイセキュリティ製品だ。その最新像を示す。

[ITmedia]

ゲートウェイセキュリティ対策に悩む企業への提案

TechTargetジャパンは2013年7月に、ゲートウェイセキュリティ対策の実態や関連製品の導入状況に関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ベンダーからの提案をお届けする。


現在抱えている課題

課題1:ログ解析などの運用負荷が高い

課題2:ネットワークのパフォーマンス低下を招く

課題3:製品を管理できる技術者がいない


注目記事

なぜファイアウォールやURLフィルタだけでは十分な「出口対策」にならないのか

標的型サイバー攻撃から企業を守るために有効といわれる出口対策。ただし、既存のセキュリティ製品だけでは、十分な出口対策にはならない可能性がある。その理由とは何か? 理想的な対策とは?


注目ホワイトペーパー

標的型攻撃、こんな企業が狙われる Webセキュリティ最新事情2013

前年比42%増の勢いで拡大し続ける「標的型攻撃」。サイバー攻撃の中でも「プロの犯罪者」による窃盗行為である傾向が強い標的型攻撃から、いかにして自社の情報資産/顧客情報を守るか? 情報システムに関わる全ての担当者に贈る、セキュリティ最新リポート。


読者調査結果リポート

ゲートウェイセキュリティに関する読者調査リポート

次世代ファイアウォールが一番人気、読者が選ぶ次の投資先

ファイアウォールをはじめとする「ゲートウェイセキュリティ」の導入率トップは何か。今後導入が進む製品は。TechTargetジャパンの読者調査から明らかにする。


関連記事

“危険なLAN”を払拭する「ネットワークセキュリティ」

企業システムの足回りであるネットワークを安全にしたい――。こうした声に応えるのが「ネットワークセキュリティ製品」だ。製品理解と動向把握に役立つ記事を紹介する。


クラウド化やDLP機能のモバイル対応が加速

BYODが促す「セキュアWebゲートウェイ」の機能進化

さまざまなセキュリティ機能を1台に納めた「セキュアWebゲートウェイ(SWG)」。攻撃手法の進化やクライアント端末の多様化を受けて進化するSWGの最新像を示す。


ファイルスキャンとパケットスキャンを理解し、正しい選択を

読めば分かる! ゲートウェイアンチウイルス

パケットを監視し、各種ウイルス攻撃から企業ネットワークを保護するゲートウェイアンチウイルス。代表的な2つの形式はどう使い分ければよいのか、メリット/デメリットを紹介しながら解説する。