2013年10月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド向け暗号化製品紹介:CipherCloud編Salesforceの添付ファイルを暗号化してAWSに保管できる「CipherCloud」

複数のクラウドサービスのデータ暗号化機能を持つ「CipherCloud」。Salesforce CRMやChatterの添付ファイルを暗号化してAmazon S3へ保管することも可能だ。製品の特徴を紹介する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 SaaSに預けるデータを暗号化したり、複数のクラウドサービスにまたがって暗号化データをやりとりしたい。こうしたニーズに応えるクラウド向け暗号化製品が、サンブリッジが提供する「CipherCloud」(開発:米CipherCloud)だ。IaaSのみを対象としていたり、単一ベンダーのSaaSのみを対象とするクラウド向け暗号化製品が多い中、CipherCloudは複数ベンダーのIaaS、PaaS、SaaSで利用できるのがウリだ。

何ができる製品か:クラウドへ送る前にデータを暗号化

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「KANADE DSP」がスマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」において、スマー...

news093.jpg

インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「INFLUENCER ONE」がのべ2000万フォロワー突破
レモネードは、Instagram特化型インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「INFLUE...

news006.jpg

「マイクロインフルエンサー」のビッグな訴求力に注目せよ
影響力のある個人の情報発信が消費にレバレッジをかける。いわゆる「インフルエンサー」...