2014年06月18日 16時20分 UPDATE
ニュース

NEWS100カ所の主要データセンターを1つの仮想DCクラウドに――KVHが新サービス

KVHは、アジアの主要な100カ所のデータセンター間を接続する「DCNet」サービスを、2014年8月から開始することを発表した。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 KVHは2014年6月17日、日本や香港、シンガポールにある100カ所の主要なデータセンター間を接続するイーサネットベースのプライベートネットワーク接続サービス「DCNet」を2014年8月から開始すると発表した。DCNetで接続されるデータセンターは、2014年末には米国のデータセンターにまで拡大。これらの中にはコンテンツ配信事業者や大手アプリケーション事業者、クラウドプロバイダー、通信事業者などのデータセンターが含まれる。KVHのデータセンターだけでなく主要なデータセンター間を接続することで、幅広いコロケーション(データセンターのフロアスペースやラックなどを貸し出すサービス)の選択肢を提供する考えだ。KVHではDCNetのターゲットとして、BCP(事業継続計画)、データセンターの地理的な分散、事業拡大に伴うデータセンター利用の拡充を検討する企業などを想定している。

シンプルな価格体系と柔軟な拡張性

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。