2014年09月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

いまだ30万サイト以上が未対策危険な「Heartbleed放置サイト一覧」が公開 攻撃者が悪用の恐れも

OpenSSLの脆弱性である「Heartbleed」の対策が完了していない企業はいまだに多く、30万サイトが依然として危険にさらされているという。その理由に迫る。

[George Leopold,TechTarget]
tt_tt_Heartbleed_01.jpg

 暗号化プロトコル「SSL(Secure Sockets Layer)」と「TLS(Transport Layer Security)」のオープンソース実装「OpenSSL」。その脆弱性である「Heartbleed」を放置しているWebサイトのリストが公開されている。

 このリストはWebサイト認証の安全性をチェックしたいユーザーを支援するために作られた。だがハッカーがパッチ未適用のWebサイトを特定し、個人情報をあさる目的で使っている――。セキュリティベンダーの米McAfeeは、こう警鐘を鳴らす。

最大級のWebサイトもHeartbleedの餌食に

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...