2014年06月16日 08時00分 公開
特集/連載

終わりが見えないHeartbleed攻撃、新たな手口で無線LANが危ない「Cupid」が一般ユーザーを狙い撃ち

OpenSSLの脆弱性を利用する「Heartbleed」の新たな攻撃手口が発見された。この手法を利用すれば企業の無線LANが無防備な状態になり、接続したデバイスが攻撃の対象になる恐れがあるという。

[Brandan Blevins,TechTarget]

 2014年4月に発覚したHeartbleedは、OpenSSLの暗号化ライブラリに含まれる重大な脆弱性だ。この問題を抱えたクライアントあるいはサーバが攻撃を受けると、最大64Kバイトのメモリが危険に晒され、X.509証明書用の暗号鍵や認証証明など、オープンソースの暗号化技術であるOpenSSLによって保護された情報が盗まれる恐れがある。

 この脆弱性は、TLS(Transport Layer Security)の「heartbeat」拡張の処理で境界チェックが欠如していることに起因するもので、TCP接続上でTLSハンドシェイクが行われた後にのみ攻撃を受ける可能性があると考えられていた。だが、ポルトガルに本社を置く情報セキュリティコンサルティング企業Sysvalueの研究者ルイス・グランゲイア氏は、OpenSSLの脆弱性を悪用する新たな手法を発見した。

EAPによってTLS接続を暴露

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。