2016年05月23日 12時00分 UPDATE
特集/連載

勢いをどう保つか「IBM Watson」への高過ぎる期待、ビジネス成功への鍵は開発者?

IBMは米国の人気クイズ番組「Jeopardy!」で脚光を浴びたWatsonをベースとした製品を作って、再び世間の関心を集めようとしている。

[Craig Stedman,TechTarget]
画像 IBM Watson《クリックで拡大》

 IBMの「Watson」は、機械学習と自然言語処理テクノロジーを利用してテキストなどの非構造化データを分析するコグニティブコンピューティングシステムだ。合成音声を媒介して話せるWatsonは、2011年にテレビ放映されたクイズ番組「Jeopardy!」で、最高賞金獲得者のチャンピオン2人と2ゲーム対戦して勝利を収めたことで有名になった。現在IBMはWatsonを主流の分析プラットフォームに押し上げるべく取り組んでいる。

Watsonへの期待

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...