2017年08月07日 05時00分 UPDATE
特集/連載

自分のキャリアと才能まで“仮想化”していませんか仮想サーバ管理者が今すぐクラウドへ転身すべき理由 (1/2)

熟練の仮想サーバ管理者は、クラウドの登場に伴い、仮想サーバが主流ではなくなっていく現状を見据えるべきだ。先が見えなくなる前に、進路変更を検討してはどうだろう。

[Stuart Burns,TechTarget]

画像 仮想化の技術が要らなくなったわけではなく、実は応用範囲も広い

 仮想化技術にこだわり、クラウドに目を向けようとしない仮想サーバ管理者に、同業者として物申す。今の仕事は、安泰ではない。一度世に出たクラウドの勢いは止められない。クラウドコンピューティングは、今や企業にすっかり定着している。仮想サーバ管理者は、今後の仕事をどう確保するかに目を向けるべきだ。

 クラウドへの移行は、企業の大小を問わず、あらゆる規模で進んでいる。VMwareによる仮想化技術が初めて登場した際は、既存の価値観を破壊するような変化が起こった。クラウドとマイクロサービスの登場は、それに匹敵する新たな変化が、再び起きることを表している。

仮想サーバ管理者の得意分野はハードウェアの活用、可用性、コスト節約

 サーバ仮想化には、“統合”と“抽象化”という2つの段階がある。

 世に出た当初、すなわち第1段階での仮想化の目標は、十分活用されていないハードウェアをもっと効率よく利用することだった。確保した全てのリソースがサーバで利用されることは、ほとんどない。仮想サーバの管理者は、こうした無駄なリソースを再利用し、企業のIT設備の浪費を大幅に減らしてきた。

 第2段階では、仮想ディスクのライブマイグレーション(注1)や高可用性、フォールトトレランス(注2)など、高度な機能が開発された。こうした高度な仮想化機能は、複数のコンピュータで1つの物理ハードウェア要素を共有する際に生じる問題に対処する。自動化も登場し、サーバの導入は簡単で分かりやすい作業へと変わった。

※注1:動作中の仮想マシンを停止させることなく、別のサーバに移動させて処理を継続させる機能。

※注2:機器設計やシステム設計の概念の1つ。構成要素の一部が故障や停止に見舞われた場合、予備の系統に切り替えるなどの方法で、正常な機能を保つこと。

 個人的には、こうした仮想化技術の導入は、数年前がピークだったと考えている。2017年は、第3段階へ移行する時期だ。仮想サーバの管理者がうまく立ち回るには、クラウドコンピューティングのキャリアパスへの転身が必要になる。

目指す未来はハードウェアコストの掛からないクラウドベースのサービス

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...