2017年03月16日 15時00分 UPDATE
特集/連載

アメックスからのスピンオフ企業がiPaaSを導入クラウドファーストの切り札か? 年商2兆円企業もほれ込んだ「iPaaS」の実力 (1/2)

American Expressから分離独立したビジネストラベル会社が、クラウドファースト戦略の推進に当たって「iPaaS」を採用した。そのいきさつや選定の背景を探る。

[Joel Shore,TechTarget]
画像 iPaaSがGBTのクラウドファースト戦略に貢献

 「出掛ける時は忘れずに」は、American Express(アメックス)の有名なキャッチフレーズだ。だが2014年に同社のグローバルビジネストラベル事業部門のスピンオフで生まれた新会社のAmerican Express Global Business Travel(GBT)は、独立時にほぼ全てのITシステムを置いていかざるを得なかった。

 それまでの枠組みから出て、独立企業として新たにITオペレーションを立ち上げるのは容易なことではなかった。GBTは誕生当時、ある意味で珍しい存在だった。GBTは世界120カ国近くで事業を展開し、年間200億ドル(約2兆円)の売上高を誇る巨大企業でありながら、クラウドを前提としてシステム構築を進める「クラウドファースト」戦略を採用したスタートアップだったからだ。

 クラウドファースト戦略は、既存システムをクラウドへ移行する一般的なアプローチとは異なる。実現に一役買ったのが、Dell Boomiの大規模エンタープライズiPaaS(integration Platform as a Service:サービスとしての統合プラットフォーム)の導入だ。iPaaSは、クラウドやオンプレミスを問わず、複数システム間の連係に必要な機能を備えたPaaSのことを指す。

システム整備の猶予機関は数カ月

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。