iPaaSベンダー新旧対決、主要6サービスの好評と不評老舗ベンダーとクラウド世代ベンダーを比較

ソフトウェアテスターの筆者が主要iPaaSベンダーをレビューし、老舗企業とクラウド世代の新興企業のどちらを選ぶべきかについてアドバイスする。

2014年10月23日 12時00分 公開
[Amy Reichert,TechTarget]

 iPaaS(インテグレーションPaaS)ベンダーは、システムをクラウドに統合するという共通の目標を持っている。このような場合、オンプレミスにシステムが存在することは課題であり、そのためiPaaSはシステムを接続するためにコネクタとアダプターを使用する必要があった。データは途中で処理されるので、すぐに使用可能だ。歴史的に見ると、規模は大きいがミドルウェアが同じサービスを提供してきた。iPaaSベンダーは、それよりもずっと安い価格で同サービスを提供すると同時に、企業向けシステムをクラウドに統合してきた。また、クラウドに移行するシステムと各種クラウド(パブリック/プライベートクラウド)の間でもサービスを提供してきた。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...