2014年10月23日 12時00分 公開
特集/連載

iPaaSベンダー新旧対決、主要6サービスの好評と不評老舗ベンダーとクラウド世代ベンダーを比較

ソフトウェアテスターの筆者が主要iPaaSベンダーをレビューし、老舗企業とクラウド世代の新興企業のどちらを選ぶべきかについてアドバイスする。

[Amy Reichert,TechTarget]

 iPaaS(インテグレーションPaaS)ベンダーは、システムをクラウドに統合するという共通の目標を持っている。このような場合、オンプレミスにシステムが存在することは課題であり、そのためiPaaSはシステムを接続するためにコネクタとアダプターを使用する必要があった。データは途中で処理されるので、すぐに使用可能だ。歴史的に見ると、規模は大きいがミドルウェアが同じサービスを提供してきた。iPaaSベンダーは、それよりもずっと安い価格で同サービスを提供すると同時に、企業向けシステムをクラウドに統合してきた。また、クラウドに移行するシステムと各種クラウド(パブリック/プライベートクラウド)の間でもサービスを提供してきた。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...