2014年10月23日 12時00分 UPDATE
特集/連載

老舗ベンダーとクラウド世代ベンダーを比較iPaaSベンダー新旧対決、主要6サービスの好評と不評

ソフトウェアテスターの筆者が主要iPaaSベンダーをレビューし、老舗企業とクラウド世代の新興企業のどちらを選ぶべきかについてアドバイスする。

[Amy Reichert,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 iPaaS(インテグレーションPaaS)ベンダーは、システムをクラウドに統合するという共通の目標を持っている。このような場合、オンプレミスにシステムが存在することは課題であり、そのためiPaaSはシステムを接続するためにコネクタとアダプターを使用する必要があった。データは途中で処理されるので、すぐに使用可能だ。歴史的に見ると、規模は大きいがミドルウェアが同じサービスを提供してきた。iPaaSベンダーは、それよりもずっと安い価格で同サービスを提供すると同時に、企業向けシステムをクラウドに統合してきた。また、クラウドに移行するシステムと各種クラウド(パブリック/プライベートクラウド)の間でもサービスを提供してきた。

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...