情シスだからできた、kintoneの広く深い活用方法をDeNA、京王電鉄バスに学ぶ「kintone hive vol.3」レポート【後編】(1/2 ページ)

業務アプリケーション開発用PaaS「kintone」によって、年間5000件に及ぶアカウント管理業務を自動化したDeNA、業務効率化の文化を根付かせた京王電鉄バスの事例をお伝えする。

2016年06月14日 09時00分 公開
[重森 大]

関連キーワード

kintone | PaaS | API | アプリケーション開発


 サイボウズは2016年5月26日、同社が提供する業務アプリケーション開発用PaaS(Platform as a Service)「kintone」の活用ノウハウを共有するユーザー会「kintone hive」を開催した。前編「業務部門主導のkintone事例、東急電鉄がシェアオフィス事業で活用」に続き後編では、情報システム部門/IT部門が中心となって導入したkintoneの事例を紹介する。

150本のkintoneアプリが稼働するDeNA

ディー・エヌ・エー 山本優三氏 ディー・エヌ・エー 山本優三氏

 「kintoneを使い倒していると言ってもいいほど活用しています」と語るのは、ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)IT戦略部の山本優三氏だ。同社は2013年度にkintoneを導入し、まずIT部門で使い込んで各機能を把握し、その後社内システムに展開していった。

 2014年から2015年にかけて、国や地域によってバラバラだった社内のワークフローシステムをkintoneで統一した。その後もkintoneを使ったアプリ(以下、kintoneアプリ)開発は続き、2016年現在では150本程度のkintoneアプリが社内で稼働している。山本氏はkintoneを使い始めたそもそもの理由として、次の4項目を挙げた。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。