業務を改善するノンプログラミングPaaS「kintone」を解剖するクラウド時代の開発製品紹介:サイボウズ編

カスタマイズ機能や基幹システムとの連携機能を搭載するなど、業務への適用範囲を拡大し続けているkintone。大企業での導入事例も増えているというkintoneのコンセプトや特徴を解説する。

2013年08月16日 08時00分 公開
[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 「kintone on cybozu.com」(以下、kintone)はサイボウズが提供するクラウド型の業務アプリケーション開発プラットフォームだ。用途に合わせたWebデータベース型の業務アプリケーションをノンプログラミングで開発できる。2011年11月にリリースして以来、有料契約社数は700社を超える。

 主な用途は、営業の案件管理、顧客からの問い合わせやクレームの管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、業務日報の提出や管理など。最近では、このような汎用的なWebアプリケーションだけでなく、カスタマイズ機能や基幹システムとの連携機能を搭載するなど、業務の適用範囲を拡大。大企業での導入事例も増えている。

製品コンセプト:ファストシステム

 コンセプトは「チームで使う業務システムをファストに利用することができる『ファストシステム』」。「ファストシステム」は同社の造語である。これによって、「紙+ファクス」「Microsoft Excel+電子メール」といった既存の業務フローを変え、業務を効率化したりノウハウを蓄積するなど、業務改革の実現を支援する。

 このコンセプトを支えるのは大きく3つの概念だ。従来、紙やExcelで行っていた業務をWebのデータフォームに移行する「データベース」、ファクスや電子メールといった従来型プロセスをより適切な形に処理する「ワークフロー」、そして、少人数から1000人を超える大人数まで、チームでの業務には欠かせない「コミュニケーション」。kintoneにはこの3つを実現する機能が盛り込まれており、それらは「簡単に作って、簡単に直せる」(=ファスト)を意識して作られている。

特徴

 製品の機能を解説する前に、kintoneの特徴に触れておきたい。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...