2013年08月12日 08時00分 公開
特集/連載

オンプレミスや異種クラウド間でも稼働、アプリ開発基盤「Web Aviator」の中身クラウド時代の開発製品紹介:キヤノンソフトウェア編

マルチデバイスに対応したWebアプリケーションを、クラウド上で簡単・スピーディに開発するためのツール「Web Aviator」。2013年8月に出たv1.3では、実行環境の稼働先が増え、異種インフラ間でのポータビリティ性を確保した。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 簡単、スピーディに、マルチデバイスに対応したWebアプリケーションを簡単、スピーディに開発したいというニーズが増えている。これに応えるのがキヤノンソフトウェアのクラウド開発基盤「Web Aviator」だ。2013年8月6日にはv1.3が登場。これまでのコンセプト「クラウド上のWebアプリケーションはクラウドで開発」からは大きく変わり、クラウド上で開発したアプリケーションが「どこでも(オンプレミスでも)稼働」することをコンセプトに、Webアプリケーションのポータビリティ性を高めた。

製品の概要:

 Web Aviatorは、Webアプリケーションの開発・検証・本番稼働を迅速に実現するクラウド開発基盤だ。WebアプリケーションはAmazon Web Services(AWS)上で開発し、AWSをはじめとした各種クラウド、データセンター、オンプレミス環境で稼働させることができる。クラウドベースで開発するためハードウェアを用意する必要がなく、また、独自のGUI開発ツールによってノンプログラミングでアプリケーションを開発・実行できる。このことから、従来のオンプレミス環境での開発よりも工数を削減でき、スピードを速められるなど、開発生産性の向上を図ることができる。

図1 Web Aviator v1.3の概要(出典:キヤノンソフト)

 2011年12月7日にv1.0が登場して以来、スマートデバイス対応や、オンプレミスとの連携機能、認証強化、動画連携、帳票サーバ連携など、数々の進化を遂げている。

製品の仕組み:

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。