2013年08月12日 08時00分 公開
特集/連載

オンプレミスや異種クラウド間でも稼働、アプリ開発基盤「Web Aviator」の中身クラウド時代の開発製品紹介:キヤノンソフトウェア編

マルチデバイスに対応したWebアプリケーションを、クラウド上で簡単・スピーディに開発するためのツール「Web Aviator」。2013年8月に出たv1.3では、実行環境の稼働先が増え、異種インフラ間でのポータビリティ性を確保した。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 簡単、スピーディに、マルチデバイスに対応したWebアプリケーションを簡単、スピーディに開発したいというニーズが増えている。これに応えるのがキヤノンソフトウェアのクラウド開発基盤「Web Aviator」だ。2013年8月6日にはv1.3が登場。これまでのコンセプト「クラウド上のWebアプリケーションはクラウドで開発」からは大きく変わり、クラウド上で開発したアプリケーションが「どこでも(オンプレミスでも)稼働」することをコンセプトに、Webアプリケーションのポータビリティ性を高めた。

製品の概要:

 Web Aviatorは、Webアプリケーションの開発・検証・本番稼働を迅速に実現するクラウド開発基盤だ。WebアプリケーションはAmazon Web Services(AWS)上で開発し、AWSをはじめとした各種クラウド、データセンター、オンプレミス環境で稼働させることができる。クラウドベースで開発するためハードウェアを用意する必要がなく、また、独自のGUI開発ツールによってノンプログラミングでアプリケーションを開発・実行できる。このことから、従来のオンプレミス環境での開発よりも工数を削減でき、スピードを速められるなど、開発生産性の向上を図ることができる。

図1 Web Aviator v1.3の概要(出典:キヤノンソフト)

 2011年12月7日にv1.0が登場して以来、スマートデバイス対応や、オンプレミスとの連携機能、認証強化、動画連携、帳票サーバ連携など、数々の進化を遂げている。

製品の仕組み:

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...