2017年08月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド拡大するHANAホスティング市場

SAPのHANA技術によってもたらされた、従来のSAPアーキテクチャとの違いについて解説する。

[Derek Prior,Computer Weekly]
Computer Weekly

 「SAP HANA」の運用に求められる新技術は、HANAベースのシステムを必要とするSAPソフトウェアのホスティングについて、調達担当幹部に再考を迫るだろう。

Computer Weekly日本語版 8月2日号無料ダウンロード

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 HANAの技術は、従来のSAPアーキテクチャと大きく異なる。HANAアーキテクチャはHANAインメモリデータベースシステム(IMDBMS)でのみ実行でき、他のサプライヤーのDBMSでは実行できない。

 データベース全体がメインメモリで稼働することから、サーバに大量のメインメモリを搭載する必要がある。半面、HANAデータベースはデータを高いレベルで圧縮するため、従来アーキテクチャよりもサイズはずっと小さい。

 HANA IMDBMSには自前のデータ複製機能が含まれ、それが高い可用性と災害復旧業務を支える。HANAの管理には新しいソフトウェアツールも必要で、サーバ仮想化が現在のHANA技術とともに実装される頻度は従来のSAPアーキテクチャよりも大幅に低い。

コスト高

 顧客のフィードバックでは一貫して、大型のHANAアプリケーションは従来のサーバよりも高くつく傾向が示されている。

 オンプレミスのHANA運用が複雑過ぎる、あるいはコストが高過ぎる場合、調達担当幹部はホスティングサービスやパブリッククラウドのIaaSの導入を検討することもできる。

 サードパーティーのSAPホスティングプロバイダーは、HANA用の新プラットフォームを設計するに当たり、相当の工学コストに直面する。HANAで稼働するSAPアプリケーションは、従来のアーキテクチャとは大きく異なる。既存のホスティング製品は、HANAが必要とする大型メモリOSインスタンスを提供するために、設計の変更を強いられる。仮想化技術も、HANAの中核機能の使用に対して再評価を迫られる。

 さらに、「SAP HANA Enterprise Cloud」(SAP HEC)は管理型プライベートクラウドを提供する。このモデルで、SAPは完全なIaaSホスティングとBasis管理サービスモデルを、スタックの全レイヤー向けに提供する。ただし例外として、カスタムABAP(Advanced Business Application Programming)コードは引き続き顧客がメンテナンスする。

 プロバイダーにとって、これはもう1つの課題になる。ただでさえ熾烈(しれつ)だった競争は、SAP HECの存在によって一層激化した。SAP HECに対し、他の全てのホスティングプロバイダーが比較される。Gartnerの予想では、規模の小さいSAPホスティングプロバイダーの多くは採算が取れなくなり、この市場から撤退する見通しだ。だが一部にとっては、SAPと組んでSAP HECをプライベートブランドのホスティング製品として提供するチャンスがあるかもしれない。

 SAPの顧客にとってのもう1つの問題として、「S/4HANA」にしても「Business Suite on HANA」(BSoH)にしても、HANAシステムを本番環境で使っている顧客を紹介される機会はほとんどなく、災害復旧機能も実証されていない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...