2017年11月09日 17時00分 公開
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド人工知能が医療現場で活躍、事例から見えてくる“理想と現実”

多忙な医療現場で働く医師の業務を、人工知能(AI)がサポートする――という状況は既に現実にある。AIを医療ミス回避や高度な診断に役立てている、米国の事例を紹介する。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

データ分析 | 医療IT


ダウンロードはこちら

 医療現場で働く医師のほとんどは多忙を極めている。本来の職務である診断・医療行為の他にも、電子カルテの入力をはじめとした文書作成など、医師は毎日、膨大な業務に追われている。そのため、ときには必要なオーダーを出し忘れたり、電子カルテの入力ミスをしたりする場合がある。ある病院では、こうした状況を改善すべく、人工知能(AI)を導入し、医療ミスの回避に役立てている。

 医療現場でのAI活用については、多くの人がさまざまな期待を寄せている。しかしAIの活躍は、臨床診断の場面で見落としやすい疾患の候補を示唆する、といった高度な専門分野だけではない。電子カルテの入力ミスを防いだり、適切な退院プランの策定を支援したりといった、実用的な事務処理に関わる使い方もあるのだ。

 本稿では、米国の長期急性期病院の活用事例と、医療AI専門家の考察を紹介し、医療分野におけるAI活用の理想と現実を探る。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...