2018年02月26日 08時00分 公開
特集/連載

AIは人間の感情を理解するのか家族よりも分かってくれる!? 感情分析を強化する音声アシスタント技術

Gartnerは、数年後にはパーソナル端末がユーザーの感情を分析できるようになると主張している。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 調査会社Gartnerによれば、スピーカー型の仮想音声アシスタント(VPA:Virtual Personal Assistants)は、人間の感情も理解できるレベルに進化するという。

Computer Weekly日本語版 2月21日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2月21日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 2022年までに、パーソナル端末はユーザーの家族よりも的確にユーザーの感情を捉えることができるようになると同社は予測している。「AIはさまざまな場面で画期的な成果を挙げ始めており、パーソナルテクノロジーによって人間同士のやりとりの方法は根本的に変わりつつある」と同社は説明する。

 「感情AIシステムとアフェクティブ(感情、情緒)コンピューティングによって、われわれが日頃使っている日用品が、人の感情の状態や気分をその場で検出し、分析し、適切な反応をするようになるので、現場の状況を改善し、各人の性質に応じてパーソナライズした体験を提供できる」と話すのは、Gartnerのリサーチディレクター、ロバータ・コッツァ氏だ。

 ただしこのテクノロジーは今なお発展途上であり、既存技術は理解度が低いとユーザーは感じている。「感情分析システムはまだ開発の初期段階だ」とコッツァ氏は説明する。

 それでも、プロトタイプが既に市販されていると同氏は付け加える。例えば、ニューヨークを本拠地とする新興企業のEmoshapeは、感情データの処理に最適化した独自のCPUを開発した。このテクノロジーはコンピュータゲーム、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)などのアプリケーションを(大きく)変える可能性があると同氏は期待する。

 コッツァ氏によると、音声テクノロジーの価値に着目するユーザーが現れ始めているという。Googleが導入を進めている「Googleアシスタント」は、目下のライバルであるAmazonの「Alexa」よりも「問い掛けに対する反応の的確さでは一枚上手だが、感情をサポートするためにはもっと進化が必要だ」と同氏は話す。

 Google、Amazon、Microsoft、Appleなど、音声認識分野の主要プレイヤーがこぞって、将来の競争を見越して、この感情分析に投資しているのが現状だとコッツァ氏は指摘する。現在の技術は、ユーザーを取り巻くコンテキスト(文脈)をまだほとんど考慮しないからだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...