2018年05月24日 08時00分 公開
特集/連載

Webブラウザをコンピュータに(後編)WindowsをChrome OS系OSでリプレースするための現実解

Webブラウザベースアプリの増加はChrome OS系OSにとって追い風だが、Windowsネイティブアプリの存在がWindowsからの移行を阻害している。だが、その問題にも解決策はある。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 前編(Computer Weekly日本語版 5月9日号掲載)では、既存のPCにインストールできる「Chromium OS」ベースのOS「CloudReady」を紹介した。

 後編では、CloudReadyを企業環境に適応させるNeverwareの戦略など、「Chrome OS」系のOSが企業で有用になりつつある現状を紹介する。

Computer Weekly日本語版 5月23日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 5月23日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

デスクトップOSの中で最善の選択肢

 Googleとそのパートナーは、Chrome OSを搭載した「Chromebook」を企業にアピールし始めている。一方Neverwareは、CloudReadyを「金銭的余裕のないIT部門が古いハードウェアを再び動かす方法」と見なしている。「学校は、新しいハードウェアを調達する必要がない」と前出のNeverwareのCEOアンドリュー・バウアー氏は語る。

 「当社が開発しているOSは、長い目で見て、あらゆる規模の組織が導入したくなるようなものに仕上げたい。そのため、ユーザーエクスペリエンスに妥協はしたくない」(バウアー氏)

 ライブUSBから起動できるように設計されている「Linux」とは異なり、CloudReadyは既存のデスクトップOSに取って代わることを主な目的としている。そのため、インストールされている既存のOSを上書きする。

 これにより、CloudReadyを試すことをためらうユーザーも出てくるかもしれない。だが、バウアー氏はこのことを障害とは見なしていない。「当社は、CloudReadyの主なユースケースはHDDへのインストールだと考えている」

 「CloudReadyとWindowsのデュアルブートもテストしたが、その方向に進むのはやめた。当社は、あらゆるデスクトップOSの中で最善の選択肢としてCloudReadyを提供したい」

 また、Googleから投資を受けているため、CloudReadyをChrome OSとさらに緊密に統合できる可能性があると同氏は話す。「当社はGoogleのエンジニアリングチームと密な関係を築いていて、目標はCloudReadyをChrome OSにできる限り近づけることだ」

 同社によるCloudReady対応のノートPC、デスクトップPC、Macのリストには200個のハードウェア名が並ぶ。いずれも9〜10年の年数を経たハードウェアだ。CloudReadyは、Intelのチップセットをベースとするシンクライアント端末もサポートする。バウアー氏によれば、CloudReadyを使用すれば古いハードウェアを仮想デスクトップ環境にアップデートできるという。

 これを可能にするのがGoogle管理コンソールで、CloudReadyを実行する古いハードウェアを直接「キオスク」モードで起動できるようにする。つまり、仮想デスクトップインフラ(VDI)を通じてリモートデスクトップをユーザーに提供するなどの目的で、アプリケーションを1つだけ実行するよう構成できる。

レガシーWindowsサポート

 かつてリモートデスクトップはChromebookの「イメージキャラクター」のようなもので、ユーザーがWindowsデスクトップにリモートアクセスすることを可能にしていた。Computer Weeklyのインタビューにそう答えていたのは、Computacenterでデジタルワークプレーステクノロジー担当チーフテクノロジストを務めるポール・ブレイ氏だ。

 Windowsアプリケーションへのリモートアクセスの提供は、ほぼ間違いなくCloudReadyのユースケースの1つになるだろう。特に、企業が「Windows 7」のサポート終了を機にデスクトップITへの新たなアプローチを検討しているならばなおさらだ。Windowsでしか実行できず、SaaSとして提供されることもなく、ブラウザベースでもないアプリケーションは必ず存在する。この場合、アプリケーションを完全に刷新するのでなければ、VDIが唯一の方法となる可能性がある。

 Citrix SystemsもVMwareも、Chrome OSのVDI経由でWindowsデスクトップを提供するためのChromeブラウザ拡張機能を用意している。Citrixのシニアプロダクトマーケティングマネジャー(アライアンス)ショーン・ドナヒュー氏は、ブログでこの仕組みを概説している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...