2018年10月25日 05時00分 公開
特集/連載

医師や看護師は何に満足したかボストン小児病院で「Alexa」が活躍、ハンズフリー操作や、治療手順の検索に貢献

ボストン小児病院では、音声認識技術を臨床現場で利用した3つのパイロットスタディーを実施し、一定の成果が得られたという。現場で使われたのは「Echo Dot」をはじめとするさまざまなAmazonデバイスだった。

[Makenzie Holland,TechTarget]

 一般家庭に普及してきた音声認識技術は、医療業界でも臨床現場で使われるようになってきた。

 ボストン小児病院(Children's Hospital Boston)は、3つのパイロットスタディーで音声認識技術の試験運用に成功した。これらの研究は、ICU(集中治療室)を含む院内のさまざまな環境で臨床医と看護師がスマートスピーカーを使うというものだ。

 この3つのパイロットスタディーでは、下記の3つの用途で音声認識技術を使った。

  • ICUチームに誰が参加したかの記録
  • 臓器移植の確認事項や手術のチェックリストの確認
  • 手順の質問

 「これらのパイロットスタディーはわれわれに、臨床現場における音声認識技術の可能性を示してくれた」と、ボストン小児病院のイノベーションおよびデジタルヘルス推進担当のパートナーシップマネジャーを務めるデビン・ナダー氏は語る。同氏は将来、医療現場向けパイロットスタディーで音声認識技術の新しいバージョンを試す計画だ。

臨床現場で音声認識技術を利用する

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...

news099.jpg

サイバー・バズ、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始
サイバー・バズは、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始した。