TechTargetジャパン

製品資料
クラウドアプリの安全な導入法とは? シャドーIT検出のベストプラクティス
 今や、ビジネスアプリケーションの導入においてクラウドを検討することは必然となっている。その上で気になるのはやはりセキュリティだろう。特に近年問題となっているのが、会社に許可されていないクラウドアプリを従業員が個人的に業務利用したり、IT部門が把握してい...(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

レポート
セキュリティ調査レポート:「シャドーIT」がクラウド導入に与える影響は?
 近年、企業が採用するクラウドサービスには、さまざまな形態や規模が存在する。いずれもコスト削減や柔軟な組織運用を可能にするものだが、このような技術の変化は、セキュリティ対策の負担も増加させている。中でも深刻な問題となっているのが「シャドーIT」だ。 セキ...(2017/6/30 提供:マカフィー株式会社)

技術文書
13億のメール・2万のクラウドアプリを徹底分析:シャドーデータの脅威の現状
 クラウドアプリケーションおよびサービスは、かつてないレベルのコラボレーションや業務支援を実現している。同時に、従業員や事業部門が導入しているIT部門が承認していないSaaSアプリケーション、いわゆる「シャドーIT」のリスクは無視できない。シャドーITにたまる「...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
シャドーIT対策は大丈夫? 企業向けクラウドファイルサーバ導入のポイント
 企業では、ファイルの保管や受け渡し、共同作業のプラットフォームなどにクラウドを利用することが当り前になっている。一方で、会社からの許可を得ていないシャドーITに起因する情報漏えいなどの危険性も問題になっている。 こうした課題に対処できる、企業向けクラウ...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
不自由なモバイル活用が原因? “シャドーIT”を発生させないための基本を解説
 業務におけるモバイル活用を進めている企業の中には、セキュリティ上の理由から利用範囲を厳しく制限している組織も多い。そのため、利用できるのはメールとスケジューラのみで、社内データにモバイルデバイスでアクセスして閲覧・編集するのは禁止、というケースも珍し...(2016/8/1 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

講演資料
BYODを本気で検討するための必須条件 〜MDMでは対処不能!? 氾濫する「シャドーIT」を食い止める〜
 IT部門の目の届かないところでの業務データの利用や、未許可端末の社内業務システムへアクセスすることを指す「シャドーIT」。この「シャドーIT」の存在は企業にとって情報漏えいにつながりかねない脅威であり、スマートデバイスの積極活用を阻む主要因としてあげられて...(2013/7/3 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

製品資料
シャドーIT対策ならコレだ! 企業が選ぶオンラインストレージサービス
 個人アカウントのファイル共有サービスを業務利用するケースが増えている。さまざまな場所や端末で使えて便利だが、利用が進展にするにつれ、情報漏えいなどセキュリティの不安も増加する傾向にある。こうしたシャドーIT対策としてセキュリティを強化した企業向けのオン...(2014/6/5 提供:日本ワムネット株式会社)

製品資料
LINEの利便性とシャドーIT対策を両立、顧客と1対1でつながるツール活用法
 コミュニケーションツールとして多くのユーザーを抱えているLINE。その利便性はそのままに、顧客とのやりとりなどに活用したいという要望がある。しかし、自社アカウントを友達登録した顧客に対して、不在通知などの機能を提供することはできても、顧客との1対1のつなが...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

技術文書
8%の企業しか全容を把握していない企業のシャドーIT、解決のヒントは何か?
 従来、企業ネットワークはクライアント/サーバ型の分散コンピューティングに対して設計されており、クラウドサービスに対して、速さ、スケーラビリティ、対障害性のいずれにも対応できてはいない。サーバ仮想化により瞬時にサーバリソースが増強されても、ネットワーク...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説
 SaaSで提供されるサービスが充実し、企業の利用が拡大している。一方で、電子メール、オフィススイート、ファイル共有、顧客管理、勤怠管理などの用途ごとに異なるクラウドサービスの利用が増えており、新たな課題を生んでいる。 その最たる課題がセキュリティだ。例え...(2017/10/20 提供:サイバネットシステム株式会社)

レポート
「デジタル化/ペーパーレス化」意識調査で見えた、消費者ニーズと経営層の課題
 オンライン契約やモバイルバンキングなど、取引のデジタル化に対する消費者のニーズは年々高まっている。1000人の一般消費者と、法務、営業、IT部門などに所属する約200人の管理職を対象に行った調査によれば、消費者の83%が契約や商品購入の際にデジタルでの取引を望...(2017/10/4 提供:ドキュサイン・ジャパン株式会社)

製品資料
パブリッククラウドはどこが狙われる? セキュリティ調査で見えた危険な状況
 クラウドサービスはいまや企業のIT環境に深く浸透しており、多くの企業が主にクラウド上でITサービスを利用するようになってきている。このクラウドファーストの潮流は急速に進んだが、同時にパブリッククラウドサービスに対する信頼性も向上、多くの組織はその安全性に...(2017/5/30 提供:マカフィー株式会社)

製品資料
LINEの便利なツールを業務利用、「ビジネス向け」と「一般向け」で何が変わる?
 使い勝手の良さでユーザーが多いチャットツールのLINE。一般のLINEとつながる、企業向けのビジネスチャットサービスが注目されている。LINEの代名詞ともいえるスタンプを利用できるため、豊かな表現ができ、スムーズ、スピーディに情報交換ができる。 コラボレーション...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
あなたの会社は大丈夫? マルチクラウド環境で回避したい「2つの課題」とは
 導入が容易なパブリッククラウドは、企業内の各部門がそれぞれの方針で導入することができるため、情報システム部門が関与しないシャドーITが生まれる可能性がある。これはセキュリティ面でも問題となる上、割高な料金プランでの契約となったり、複数部門で契約が重複す...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

技術文書
ハイブリッドクラウドの利用を支える、次世代運用管理の3つの鍵
 業務部門がIT部門の手を借りることなく、迅速かつ柔軟に利用できるIT環境が、クラウドの普及で実現した。その反面、管理の目が行き届かないシャドーITも生まれ、仮想マシンの乱立など、これまでの運用手法では企業全体のIT最適化に大きな課題がある。 パブリッククラウ...(2017/1/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
標的型攻撃にも効果的なWebフィルタリングの有効性とは? ユーザー部門別ケーススタディで学ぶ
 モバイルやクラウドサービスの普及により、ワークスタイルは多様化し、あらゆる場面でWeb通信の機会は増加している。一方、企業の管理下にないIT機器やサービスを社員が業務利用するシャドーITが、セキュリティリスクを生む要因にもなっている。 そこで見直したいのが...(2015/10/19 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

レポート
無線LANセキュリティのポイントは、デジタル証明書
 企業のITシステムは、スマートフォンやタブレットといった「マルチデバイス化」や、モバイルワーク、在宅勤務などの「マルチワークスタイル化」に対応していく必要がある。これにより、社外からのリモートアクセスゲートウェイ、社内の無線アクセスポイントの整備が急務...(2015/5/8 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

講演資料
マルチデバイス環境を前提とした認証セキュリティ、NetAttest EPSで簡単構築・簡単運用
 「シャドーIT」が氾濫している。このような現状にある中で、スマートデバイスをビジネスで安全に活用するためにまず行うべきことは、「シャドーIT」を排除し社内をクリーンにすることである。 社内システムへの不正なアクセスを防止する際には、無線アクセスポイントや...(2013/4/18 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

技術文書
BYOD対応だけではない。情報システム部門の管理できない端末利用「シャドーIT」の脅威と実情
 今日、スマートフォン、タブレットといった新しいタイプのモバイル端末が市場を席巻しており、その影響は企業のIT活用のあり方をも変えようとしている。こうした新種の端末が従来型のPCなどと大きく異なる点は、その普及が企業主導ではなく、完全にコンシューマー(一般...(2012/11/12 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
“成功するBYOD”を可能にする3つのポイント
 モバイルデバイスの普及により、企業のシステム管理者を悩ませているのが、「BYOD(Bring Your Own Device、個人所有デバイスの業務利用)」だ。情報セキュリティの強化に伴い、BYODを認めない企業がほとんどの一方で、従業員が管理の届かない状況でなし崩し的に私物デバ...(2014/6/30 提供:インフォテリア株式会社)

レポート
BYODが失敗する3つの理由と、成功のための5つの条件
 バズワードとしてIT業界を賑わしている「BYOD(私物端末の業務利用)」。一部のMDM(モバイルデバイス管理)ベンダーや外資系ネットワークベンダーを中心に、IT業界は必死にBYODを推進しようと躍起になってきたが、正直なところ実体は「お寒い限り」と言わざるを得ない...(2013/7/1 提供:モバイルアイアンジャパン)

技術文書
無線LANのココが危ない! ──脅威と対策をまとめて理解する
 従来の有線LANインタフェースに代わり、無線LANインタフェースを標準で装備しているスマートデバイスやUltraBookPC。スタイリッシュで持ち運びも便利なこれらのデバイスを業務端末として利用するユーザーも多くなってきた。その結果、これらのデバイスの企業導入におい...(2013/6/20 提供:日本ベリサイン株式会社)

Loading