2007年03月01日 00時00分 公開
info Center

システム運用管理特集サイト

サーバ運用の効率化や統合は、今や運用管理者にとって外せない大テーマだ。ここでは、「高効率化編」「管理編」「可用性編」「プロセス」の4テーマについて解説する。

[TechTarget]

サーバ統合のためのサーバの要件を探る【高効率化編】

CPUの最適化がサーバ全体の効率性を決める!

サーバのパフォーマンスを向上させるためには、CPU単体の高性能化だけではなく、システム全体での高効率化が必要だ。今回はAMD社のOpteron搭載サーバに焦点を当て、IBMによるサーバの高効率化への取り組みを見ていく。


サーバ統合のためのサーバの要件を探る【管理編】

「予知」と「可視化」がサーバ統合成功の秘訣!

サーバを安定的に運用するには「管理」の方法が鍵となる。ここでは、障害を事前に予知したり、障害後すぐに原因を目視で特定したりすることができる便利なツール群を紹介する。


サーバ統合のためのサーバの要件を探る【可用性編】

サーバ統合前に必読!――可用性を実現する最新サーバの裏側

昨今、仮想化に関するセミナーやイベントは大盛況だ。その裏には、効率よく安定性の高いサーバ運用を目指したいというユーザー企業の意思が見え隠れしている。この仮想化を実現するために必要ステップの1つにサーバ統合があるが、今回はこのサーバ統合の際にぜひ考慮したい、最新サーバの可用性について解説していく。


IBMが考えるサーバ統合までのプロセス

サーバ仮想化/統合の成功の鍵は既存環境の把握とプロセスが重要

複雑になる一方のシステムを効率よく運用するために、サーバの仮想化/統合は避けて通れない道だ。IBMが考える「サーバ統合」により最短距離での統合を果たす!