2007年03月20日 19時45分 公開
ニュース

日本IBM、データセンターの電力消費と発熱問題を解決するソリューションを提供開始NEWS

日本IBMは、データセンターにおける電力消費および発熱問題を解決する「サーマル・シミュレーション・サービス」の提供を開始した。

[TechTarget]

 日本IBMは3月20日、データセンターにおける温度分布や気流分布をシミュレーションし、電力消費および発熱問題を解決するソリューション「サーマル・シミュレーション・サービス」の提供を開始した。本ソリューションは、顧客の現状のサーバ環境を調査し空調環境などの問題点を可視化することで、その対策を提案するというもの。さらには、将来サーバを増設した場合に起こり得る熱問題を回避するための推奨案も報告するという。

 サービスの中核となる熱解析シミュレーションは、IBMのシミュレーションソフトウェアを採用し、ハードウェア製品開発の熱解析ノウハウを持つ日本IBM大和研究所のエンジニアが実施する。また、温度分布図や気流分布図を基にした考察部分は、ファシリティ・サービス部門のエンジニアが協同で行うため、短期間で課題に即したシミュレーションが可能になるという。また、サーバラック移設などの設備関連サービスや、インフラの消費電力を最適化するソリューション群「Cool Blue」などを別途提供する。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...