日本IBM、データセンターの電力消費と発熱問題を解決するソリューションを提供開始NEWS

日本IBMは、データセンターにおける電力消費および発熱問題を解決する「サーマル・シミュレーション・サービス」の提供を開始した。

2007年03月20日 19時45分 公開
[TechTarget]

 日本IBMは3月20日、データセンターにおける温度分布や気流分布をシミュレーションし、電力消費および発熱問題を解決するソリューション「サーマル・シミュレーション・サービス」の提供を開始した。本ソリューションは、顧客の現状のサーバ環境を調査し空調環境などの問題点を可視化することで、その対策を提案するというもの。さらには、将来サーバを増設した場合に起こり得る熱問題を回避するための推奨案も報告するという。

 サービスの中核となる熱解析シミュレーションは、IBMのシミュレーションソフトウェアを採用し、ハードウェア製品開発の熱解析ノウハウを持つ日本IBM大和研究所のエンジニアが実施する。また、温度分布図や気流分布図を基にした考察部分は、ファシリティ・サービス部門のエンジニアが協同で行うため、短期間で課題に即したシミュレーションが可能になるという。また、サーバラック移設などの設備関連サービスや、インフラの消費電力を最適化するソリューション群「Cool Blue」などを別途提供する。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...