日本IBM、データセンターの電力消費と発熱問題を解決するソリューションを提供開始NEWS

日本IBMは、データセンターにおける電力消費および発熱問題を解決する「サーマル・シミュレーション・サービス」の提供を開始した。

2007年03月20日 19時45分 公開
[TechTarget]

 日本IBMは3月20日、データセンターにおける温度分布や気流分布をシミュレーションし、電力消費および発熱問題を解決するソリューション「サーマル・シミュレーション・サービス」の提供を開始した。本ソリューションは、顧客の現状のサーバ環境を調査し空調環境などの問題点を可視化することで、その対策を提案するというもの。さらには、将来サーバを増設した場合に起こり得る熱問題を回避するための推奨案も報告するという。

 サービスの中核となる熱解析シミュレーションは、IBMのシミュレーションソフトウェアを採用し、ハードウェア製品開発の熱解析ノウハウを持つ日本IBM大和研究所のエンジニアが実施する。また、温度分布図や気流分布図を基にした考察部分は、ファシリティ・サービス部門のエンジニアが協同で行うため、短期間で課題に即したシミュレーションが可能になるという。また、サーバラック移設などの設備関連サービスや、インフラの消費電力を最適化するソリューション群「Cool Blue」などを別途提供する。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...