ニイウスとPSC、法人向けASP型メール/グループウェア分野で協業NEWS

ニイウスとPSCは、法人向けASP型メール/グループウェア分野における協業で基本合意した。両社は同日より、PSCの「P-BERRY」と「NIWSメールアーカイブサービス」の提供・販売を開始する。

2007年04月03日 19時45分 公開
[TechTarget]

 ニイウスとピーエスシー(PSC)は4月3日、法人向けのASP型メールおよびグループウェア分野における協業で基本合意したと発表した。これにより両社は、同日よりPSCの「P-BERRY」と「NIWSメールアーカイブサービス」の提供、販売を開始する。P-BERRYは、マイクロソフトExchange Serverの全機能をASPで提供するもので、グループウェアとして社内の生産性の向上に貢献するという。またNIWSメールアーカイブサービスは、電子メールをデータセンターに複製、保存し、専用のWeb画面から瞬時にメールを検索できるASP型サービス。

 今回の協業によって、両社はそれぞれの顧客に対し、企業における電子メール・グループウェアシステムをフロントエンドからバックエンドまで包括的にサポートすることが可能になった。これらのサービスはデータセンターを通じてASPで提供されるため、自社内システムを構築する場合と比較して、短期間かつ低コストで導入できるほか、運用・保守負担の軽減、および高いセキュリティレベルを実現できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...